FC2ブログ
2013-12-24

「卒団」練習会 その②

本日の通常練習は3年生達の「区切り」の練習日となる日。

「卒団練習会」と称した今日はとにかく、

『楽しむ』だけ。

勿論主役の3年生中心にね。


BEAT Jr.の今も昔も変わらないスタイルは常に「全力」。
それは「バスケ」は当然ながら、「遊び」もね。

だから今日は力のある限り全力で遊べ!


って言ってたら、ほんと遊んでいたな。

まさかの「奇跡に時代」のメンバーもサプライズ参加して終始、
笑顔、笑い声が絶えない最高の一日になりました。

うちって、こんなチームだったっけ??(笑)

20131224_194330.jpg

でも思い返すとほんと「激動」の年だったな、今年の3年生軍団は。

新チームスタート時から少人数だった奴らを見ていてほんと
「どうやってやっていこう」ってずっと頭を悩ませていた。

失敗する度に下を向き一向に顔を上げれなかった面々。
毎回熱く語ってもその言葉も全く聞き入れようとしない奴ら。
人の顔色ばかり伺って傍に寄ってこうようともしない弱き心。

そんなんだったから練習、試合の度に叱咤の繰り返しだった。

ボケだのアホだの糞だのってね・・・。


また、人数もままならず交流戦ではまさかの4人で戦った事もあったっけ。

前年度のメンバーが残した実績にプレッシャーを感じ、自分の力を
出しきれずにもがいていたっけ。

入団はするも、途中で去っていく仲間もこの年は多かった。
だからいつまで経ってもチーム作りが進まなかったなぁ。

DSC00194.jpg

そんな糞みたいな奴らがいつしか変わってきたのは中学総体が終わった
時期くらいだったかな?

メンバーが固定し練習では自然と声が出だし、自分とも向き合って会話が
出来るようになってきた。

今ではつっ込んだり、冗談を言えるほどまでにね。


心が変わった時に技術も付いてくる、まさにその頃から急激に個人能力、
チーム力が上がっていった。

そうなると実績も必然とついていき、最後の大会では大きな目標も掲げる
事も出来た。

結果こそ残念な結果で終わってしまったが、奴らの顔を見た時やり切った感が
あったので少しだけ安心した。

DSC00205.jpg

たかが1年でここまで変われるのか?と、今は驚きの方が大きい。
そのくらい現3年生達は大きく成長していったんだよな。

だから決して強くはないかもしれないが、良いチームになったのは
言うまでもない。


現在のBEAT Jr.、30名のメンバーがいるがその頂点に立つ3年生軍団。
今では後輩達の自慢の先輩であり、自分にとっても自慢の教え子だ。


この2日間は多くのOB達も顔を出してきてくれた。
そのOB達は今でもBEATの仲間達と付き合い、いつもBEATの事を気にかけて
くれている。

お前達も来年の今日、同じようになるのかな?

20131224_211418.jpg

そして最後は去年に引き続き「胴上げ」をしてもらった。

ぶっちゃけ胴上げってちょっと怖いんだよね、落とされるんじゃねぇかと
思って(笑)


ただ、教え子にされるという感が非常に心地良い。


「ありがと」な。


DSC00219_20131225014041989.jpg

まだまだ受験を控えている身で、決して油断は出来ないが、次合う時は
吉報を持って会いにきてほしい。


頑張れよ、そして先ずは「お疲れさん」。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground