FC2ブログ
2013-12-19

「体験」 第二弾

生憎の雨だったが本日も「小学生の体験入団」を実施した。

今回はその第二弾となったのだが、参加者はなんと10名。

いやはや「大盛況」である(笑)


経験の有無も参加地域も千差万別。
クラブの経験者から全くの未経験者まで、良い意味で個性のある
面々が参加してくれたね(笑)


さて練習は前回同様いつもと同じ基礎練習を行ったのだが、流石に
今回は3年生を小学生にマンツーマンで付かせ面倒をみてもらった。

「教える(伝える)」って難しいだろっ?

自分の頭にある事を口に出して相手に伝えるのって本当にパワーが
いって、実際教えようとする事柄の理論が分かってなければ上手く
伝わらないもの。

それに加え、言葉の使い方を間違えたり情熱が伝わらないと相手の心に
その言葉すら響かない。

実は、これは自分も実感する事なんだよ。

今日は身体を激しく動かす練習にはならなかったとは思うが、これも
後輩育成と個々の技術面以外の勉強だと思ってくれよな。

でも「ご苦労さんでした」。


また、今日参加した小学生達には練習前に遠慮せずにどんどんチャレンジ
するよう伝えた。
解らないから見てるだけで練習に参加しない、失敗を恐れて挑戦しない、
このような姿勢では体験に来ている意味もない。

先ずは「耳」にした事、「目」で見た事、「頭」で思った事をそのまんま
身体で表現してほしい。
実際中学生と一緒に練習をこなしその違いを肌で感じてほしい。

これが今回の大きな目的でもある。

まぁ、来年も月2回の体験日を設けるので、また時間があったら気軽に
参加して下さい。

本日は「お疲れ様でした」、そして参加してくれて有難う。

BEAT Jr.としても、この体験が新たに「変わる」1つのきっかけにも
なりました。


その変わったとこは前回に引き続いてチーム内の雰囲気かな?
今日の後半もよく声が出てた。

声を出す事を馬鹿にする奴もいるし、恥ずかしがる奴もいるけど、俺は
声を出している奴こそ「カッコいい」と思っている。

そういうとこを求めているのも「BEAT Jr.」というチームである。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground