FC2ブログ
2013-11-17

「LAKE FORCE CMAP」2日目

今年も今回の遠征を含め、何度宿泊を重ねたことだろうか?

その3年生達もこの遠征が最終最後となる宿泊遠征。
昨晩の夜に部屋に顔を出してきた奴らとも馬鹿話ししたとこだが、
良い奴らに育ちつつある。

そうそう、昨年のメンバーですら自分の部屋なんかに足を運んで来た
記憶もない。

徐々に心が繋がりつつあるのかな?

20131117_081048.jpg

さて、CAMP2日目。
初戦は和歌山のクラブチーム。
チーム層が厚く、どっからでも得点が取れるレベルの高い相手だ。

通常より、より激しいディフェンスで挑ませた序盤、それが功を奏してか
失点は十分に抑えていたものの、こちらも得点力が伸びない。
お互いロースコアで前半を終えた。

ただ後半からそのディフェンスが裏目に出て逆にファールトラブルに陥って
しまう。
イーブンで迎えた最終ピリオド、4ファールが3人。
結果最後は思うように攻撃を防げず敗戦。

いくらディフェンスで頑張ろうと点をとらなくては流石にバスケにならない。
当たり前にことだが、ドリブル、パスでも常に攻撃的な姿勢を見せなくては
試合には勝てないというだ。

20131117_142034.jpg

そしてこの遠征最後の試合は主催チームの2年生チーム。
下級生とはいえ、県選抜クラスがゴロゴロいる強豪。
楽な試合はやらえてもらえないと思っていたが、序盤の流れは完全に相手側に
向いていた。

打つシュート入るわ、入る、とまらん・・・。

ただこちらも先の試合とは真逆で得点が伸び、何とか大きな差を空けられず、
後半に入っていった。

後半も我慢してディフェンスから入っていったわけだが、今度は流れがこちらに
傾いてきた。

「流れ」って非常に大事で、ちょっとしたプレイでその流れが左右する時がある。
この試合、その流れを大事にする事を意識させ最後まで地味に維持しながら勝利。

非常に良い、心のある試合をさせてもらった。

20131117_153224.jpg

メインメンバーを前日に失い、不安だけで入った今回の遠征。
内容で言えば、決して悪くはなかった。
フロアバランスもとれ、ある意味個々の役割も明確に把握できたことから
不安もある程度払しょくされたことだろう。


今回もそうだが、今年のBEAT Jr.は気持の持ち方1つで良いチームになったり、
最悪なチームにも落ちていく傾向がある。

その良い状態を保つ「スイッチ」がどこにあるかが、残念ながらまだ分からない(笑)

選手権までの残りの2週間、そのやる気スイッチを探して押してやるのが、最後の
自分の役目。

奴らの最高のパフォーマンスを引き出す事が出来るよう足掻いてみよっと。


最後に、主催チームの先生方並びに滋賀内外からお集り頂いき対戦させて頂きました
チーム関係者の皆さま、2日間誠に有難うございました。
新たな出会いもあり、その出会いに感謝し大切にしていきたいと思います。

どうかこれからも何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground