FC2ブログ
2013-11-16

「LAKE FORCE CMAP」初日

この週末、3年生軍団は滋賀県まで宿泊遠征。

今回「CAMP」と位置づけられた交流会だが、滋賀県を始め、和歌山、
京都、新潟から全国レベルクラスのクラブチームが集結。

正直うちクラスのチームではついていくのがやっと、ていうとこだが、
それでも本番さながらの実践練習が出来るから有り難い限りである。

また、次週からテスト週間に入る為、実質最後の実践練習となる。
心して挑み内容のある2日間にしたいところだ。

ところでこの前夜、非常に痛い連絡が入った。
唯一のセンタープレイヤーが学校の体育の授業で手首を骨折・・・。
調整を繰り返し良い状態までこぎ着けたところの出来事。
直前になってこんな話、チームにとっても非常に痛い話だが、引きずって
いる場合でもない。
この遠征で急ピッチで再調整をし、揺るぎない自信を掴みとるしかない。

20131116_102004.jpg

さて初日は県内の高校生相手の試合から始まった。
先月あたりから幾度と高校生たちに胸を借りていた経験も生きてか、今回の
高校生相手にも特別萎縮することもなく入れた試合入り。

序盤からディフェンスでプレッシャーをかけ終始集中も切れずして終えれた
初戦は珍しく快勝。
良い出足でスタートが切れた。

2試合目は噂をかねがね耳にしていた京都の超強豪チーム。
見た目もプレイも既に高校生のようなハイレベルなチームだ。

序盤は何とかくらいついてたもの、自力の差で徐々に離されていく。
終盤は連続でターンノーバーを繰り返し半ば自爆で敗退。

敗戦の理由は決して相手の運動能力、上背の差でやられた訳ではない。
逆にトップレベルのスコアラーはチームディフェンスで抑えていた方だ。

ただ、ここぞというとこでのイージーミスに加え、攻撃意識の無い攻め
からのターンオーバーで終わった。

考えなくても分かる事だが、ちょっとした意識で防げる事ばかり。
試合内容だってそれ以外は悪くないから前向きにとらえて良しとするか。

20131116_140725.jpg

それにしても今日集まったチーム、個々のレベルが高いチームばかり。
BEAT Jr.の面々を見てると悲しくなってくるが、それでも奴らこの場に
居ても「もの落ちしてない」という事に驚いた。

ちっとは「自信」がついて来たのか、経験が生きているのか或いは、
何も考えてないのか?(笑)

どっちにしてもモチベーションだけは高いと感じた初日だった。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground