FC2ブログ
2013-11-06

見極め

本日は平日、練習日ではないが、同地区のジュニアチームにお願いし
練習試合をさせて頂きました。

月末はテスト週間に入る為、選手権前の調整となる練習は今月は前半
のみとなってしまう。
だから残り少ない時間を悔いのないよう出来るだけ足掻く、その一貫
でもある(笑)

しかし、通常練習日ではない日は、皆塾、所用等が入っていていつも
の主力メンバーが揃わない。
今日の主力こそ1,2年生だが、それでも奴らはBチームとして選手権
に参加するBEAT Jr.のメンバーの面々。

相手側には大変申し訳ないが、ここぞとばかりその調整をさせて頂いた。


普段から3年生主体のAチームを見ている自分はこの試合は審判目線で
客観的に見させてもらい、通常1,2年生を見ているスタッフにベンチ
をお願いしたのだが、

酷い・・・現時点のBチーム軍団・・・。

まさかここまで何も出来ていないとは(泣)

ディフェンスチームを掲げているBEATだが、そのディフェンスが最悪。
1線とか2線等の役割も全て無視し、トランジションも遅ければボールを
追う姿勢もなく、リバウンドの「リ」の字だってない。

おかしいな、そういった部分は教えてきたはずなのに。

ボールの貰い方だってドリブルのつき方シューティングをとってもそう、
何1つ身についていなかった。

大げさな話、ちょっと「ゾッ」としたわ。


まぁ、それでも逆に今この時点でそれが分かっただけでも良しとするしかない。
以降これまでの練習メニュー、練習のやり方を大幅に変えていかなければいけ
ないという事も分かった。

これまで「引き出し」の1つとしていろいろ教えて来たが、大切な事はその事柄を
試合に「繋げる力に変える」ことだった。


さらに、各々にあった各ポジションの役割を明確にすること。
今の時点では来年の新チーム、1,2年生の合同チームになるのは必至。
上背、学年といった固定観念でポジションを分けるのではなく、それぞれが
最大なパフォーマンスが出せるポジションをみつけ、その仕事を全うさせる。

今後はそういった部分もしっかり見極めていかなければいけないだろう。

とにかく年々個々の力、人数が変わるBEAT Jr.だが、その年その年で教え方、
練習メニューを変化させ対応していかなければいけないという事を改めて
実感した今日の練習試合となった。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground