FC2ブログ
2013-11-05

差?

今月から新たなメンバーを迎い入れたBEAT Jr.。
さらに体験入団がいたりと、まだまだメンバーは増えそう。

ただ、毎回彼らに言う事はグダグダやらない事と、常に真剣だということ。

だから体験者がおろうと厳しい言葉が連発する毎回の練習。
そんな光景を目の当たりにすると、その体験の連中は引いてしまって入って
来なくなるんだけど、それは致し方ないことだね(笑)

うちはそれでも頑張ろうとする者しか受け入れてないから。

では、何が厳しいかと言うと、挨拶、礼儀、練習での取り組み姿勢は勿論
ながら、試合の中での礼儀、動作、プレイ全てにおいてだ。
これらは高校においても通じる事で、現に卒団したOB連中を見ていても、
その姿勢を継続している連中もいるから間違っていないと信じている。

現3年生はその魂を「牛歩」ながらも受けついているが、残念ながら1,2
年生達の精神はまだまだそこに達していない。

今は地道に1つづつ伝えていかなければいけないところだ。


さて、今日の練習日にはOBの連中も来ていたが、いつものような和気藹藹
ペースの紅白戦は流石に止めてもらった。

選手権前のモチベーションも下がるからね。

結局短い時間だが3年生相手に軽く相手してもらったが、悪いけどその軽い
気持ちの奴らには負ける気もしない(笑)
今度遊びに来る時は、もう少しテンション上げて来いよな(笑)

練習相手にもならんわ!


一方、20名ほどいる1,2年生軍団でも徐々に力の差が出だしている
ような気もする。

その差は決して技術レベルだけではなく、気持ちの持ちようの部分でも。

少しでも上手くなりたいと思い、コーチの言葉に耳を傾けてチャンレンジ
している者といつものように淡々とマイペースでこなしている者との違いかな?

1、2年生に関しては人数も多く、現時点ではまだ大きく差は開いていない。
だから今後激しいチーム競争が予測されるわけで、今のうちに高い目標、意識
を待たなければ置いていかれてしまう可能性もある。

ほんと今のうちにやっていけよ、あとあと後悔しない為にも。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground