FC2ブログ
2013-10-08

「成長」と「挑戦」

テスト週間に入ったのか徐々に参加人数も減っていってる
通常練習日だが、本日の練習も紅白戦での調整を行った。

そして今日は1本1本流さず、試合の合間合間に止めてリアル
タイムに指示、注意を促すように努めてみた。

3年生に関しては相手が1,2年生の格下という事もあり、正直
レベルの高い練習とはいかなかったとものの、無駄な動きを排除し
確実に目的のある動きを行う、オンザコートの面々が統一意識を
持った動きををする、或いはフロアーバランスの意識と役割分担の
徹底を重視してみた。

さらに先日高校練習会でも経験させてもらったよう、スペースの
使い方とディフェンスの位置によるボールの貰い方等も意識して。

結果、普通に出来て当たり前の環境の中、まだまだ「精度」は低い
ようだ。

特に「パス」がね。

レシーバーはそこそこ意識して貰いに来ているのだが、パサーの
タイミング、パスの出処が非常に悪い。
格下相手に何度もパスカットはあり得ない状況だ。

今一度、視野の確立とコミュニケーションの向上が必須である。


1,2年生に関しては、ファンダメンタルが未だ身についていない
のもあるが、それよりも全ての面で「意識」レベルが低いと感じた。

ディフェンスでもスクリーンアウト、ヘルプもなく闇雲にボールを
追っているだけ、オフェンスも個々で攻める意識もなく常に人任せで
その場から動こうとしない。
結果的に聞いた事はないが、まるで「ゾーンオフェンス」と思える
くらいいつも同じ箇所に同じメンツがそこにいるだけだ(笑)
だからミスするパターンも毎回同じミスの繰り返し。

せっかく自分達のレベルより上のレベルと練習が出来ているのなら、
もう少しチャレンジしてもよかろう?
練習時の挑戦にミスなんて気にもしないのにな。

「勿体ない」。

先日の高校の練習会じゃないけど、3年生達は少しでも高校生に追い
つこうと必死になって動いていた。
結果、徐々に付いて行き、最後はマシになっていったほど。

現在の1,2年生、残念ながらそういった「前向き」な姿勢はまだない
ようだ。


「成長」とは、常に「挑戦」という行動の繰り返しの結果だ。
練習でその挑戦をしなければいつするんだろうな?
先ずはそこからのようだ。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground