FC2ブログ
2013-08-24

BEAT Jr.強化練習

今日は午後から市内の高校に練習させてもらいに行ってきました。

BEATではこの時期になると、3年生中心に高校体験の一貫とチーム
強化の為に高校生達に力をお借りしている。

今日の高校はBEAT Jr.のOBも数名いて知らないとこでもないにしろ、
先生方との面識は全くない。
それでも電話1本で快諾して頂けました先生方には非常に感謝でした。

OB達がいる高校に行って楽しみなのは、彼らの成長と学校での様子が
聞けること。
バスケの成長こそプレイをみれば一目瞭然だが、学校内での頑張りは
そこの先生に直接聞かないと分からない。

で、ここぞとばかり一親のように聞いてみると、

先生たち「苦笑い」だったわ(泣)

もう少し「頑張れよ」みたいだったな(笑)

DCIM0040.jpg

さて、本日は早々に試合形式の練習をさせて頂いた。

まだまだ経験不足なBEATの奴らには格上でかつフィジカルの強い高校生
との対戦は非常に良い練習になる。
勿論勝てるとは思ってないにしろ、簡単に負けるつもりもない。
せっかく貴重な時間を割いてもらってるならば、高校生達にも無駄になら
ないよう何とか食らいつく姿勢だげはみせたいとこだ。

そして、今日の試合形式の練習ではいろんな事を試してみた。

ディフェンスはマンツーからゾーン、プレスにBOX ONE等々。
オフェンスもスタックに1-4、ナンバープレイなどなど。

何が通用して何が足らないのか今の段階で知りたかったから。

結果は全ての面において「精度」と「準備不足」が感じられた。

パス1つにしてもでもここぞという時にターンノーバー、決めてほしい場面
でイージーなシュートが決めれない。

ボールを貰い方だって相手ディフェンスを意識しない貰い方、スクリーン
でも邪魔になるだけの無駄な動きだけが目立つ。
リバウンドのスクリーンアウトでも見てるだけ、とにかく課題を上げたら
「キリ」がない。

でも、最大な課題はやはり「ディフェンス」だろう。
BEAT Jr.は自称「ディフェンスチーム」と言う程ディフェンスに拘っている。
昨年でもそうだったが、中にドライブされてシュートをされるシュチエーション
はほとんどなく、チームディフェンスを徹底していた。

しかし、今年はどうもそこが出来ない。
普段の練習から言ってはいるが、部活での単体ディフェンスの動きがどうも抜き
きれない輩ばっかだ。


これまで各部活で中心でやってきた奴らばかりだが、正直そのレベルは低い。
能力バスケが出来ないメンバーではチームバスケで対抗しなければ何ともならない。

いろんなバスケを知る為に、これまでの考え方を一度変えてやってみよまい。

DCIM0053.jpg

結局、この日はフルゲーム2本にハーフゲームを2本、計丸っと3試合分の
お相手をして頂けました。

通常練習でいうところの一週間分の練習が高校生相手に出来た事に感謝。

さらに成長したOB達が中心で頑張っている姿も見れて頼もしさも感じられた。
ただし、奴らに軽くあしらわれて悔しさも一緒に感じたけどね(笑)

にしても良い時間を頂きました、先生方を始め高校生の選手の皆さまには
本当に有難うございました。
次に機会を頂けたらこちらの成長の姿を見せれたらと思います。
どうかこれからも宜しくお願い致します。


スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground