FC2ブログ
2013-08-10

レベル?

本日はBEATの1年生を連れてミニバスのお手伝いに行ってきました。
真昼間ということで、「ど暑いわ!」、殺人的暑さだね(笑)。

昔、ミニ時代で教えていた時は普通に日中でも練習を繰り返していたが
今思うとゾッとするわ。

前回もそうだったが、ここのミニバスチームはレ~ゼが中心で見ている
チームでかつ、うちにも準団員として活動しているメンバーもいる。
このお盆休みには大きな大会もあるということで、その練習相手となる為
練習会に参加した。

20130810_140302.jpg

でも、うちのメンバーをみると人数もギリギリ。
大丈夫かな~こいつ等。
ちょっと頼りのない面々だけど、奴らにとっても十分良い練習になる。
プライドをもって、自分のこれからの為に力を抜かずやってほしいとこだ。

しかし、紅白戦が始まってみると案の定不安要素が露呈されだしてきた。

キャッチミス、パスミス、切り替えの遅さに足を動かさないディフェンス、
さらに上背で十分余裕があるはずでミニバスリングにも関わらず、まともに
シュートすら決めれない面々。

上背もあって、フィジカル、スピードも十分勝っている中学生。
本来なら気持に余裕を持って、バスケットボールを小学生に見せてあげる、
これが求められていたと思うのだが、残念ながらアップ、アップでそれどころ
じゃなかったわ。


小学生に悪いが、もうBEATの練習スタートだ(笑)
役割分担をし、チームディフェンスに拘る、そして常に早い展開にもって
いく、まさに現3年生達にも言っていることをそのままやらせてみた。

まぁ、そんな事を繰り返していると、徐々にマシになってくる。
結果的にやはり「意識レベル」の話に行きつくということでしょ!?

だから「楽」を選択するな、「考えて」動け、そして高い意識で挑戦しろよ。

1376120620473.jpg

2時間30分、めいいっぱい紅白戦を行い終了。
流石に午前中も練習をやって、昼から中学生相手に試合をやった小学生達は
もう限界だったようだね。

最後にミニの子供たちが一言求めてきたが、言ったことは中学生に言った
ことと同じ。
「諦めない姿勢を持つ」ことと常に皆が「チャレンジ」すること。


まぁ、しょぼいと言えどもフィジカル、スピードがある中学生と対等に出来る
ならば同じ小学生相手だったら何も恐れることないでしょ!

目標があるならば、是非ともその目標をクリアしてほしい。

「頑張れよ」。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground