FC2ブログ
2013-07-06

応援!

本日、非常に暑い日だったが、BEAT Jr.は1年生達を引き連れて
ミニバスチームのお手伝いに行ってきました。

このチームからBEATに所属するメンバーもいて、なおかつBEATスタッフの
レ~ゼも中心にみているチームということで繋がりも大きい。

県大会出場を目標とするチームに少しでもお手伝い出来ればと、お願いを
2つ返事で快諾したわけである。

20130706_142523.jpg

この時期の1年、2年の身体の差は大きい。
ごく一部はミニチームに入っても分からないメンバーもいるが(笑)、それでも
一切力を抜かずガチンコで相手することに今回の練習の意義がある。

BEATでも以前に経験があることだが、フィジカル、スピードの差というものは
簡単に埋まらないもの。

その分違う所で食らいついていくという心の勉強もしてほしいとミニバスチーム
に願っていた。


こういった活動はうちも普段からやってもらっている。
カテゴリーこそ違うが、繋がりを大事に思えば普通のことなんだよね。

20130706_152758.jpg

しかし、試合形式で練習が始まってみると、ミニバス軍団に押され気味のBEAT
の面々がいるじゃねぇか??

走れない、ディフェンスも出来ない、スピードもない。

勝っている部分は上背だけ。

途中、約束事で平面バスケのみでやらせてみると、やはり何も出来ない。
逆にミニチームの方が、きちんとバスケットボールになってるほど。

厳しい事を言うかもしれないが、今のBEAT Jr.の1年生、まだまだミニバス
レベルと同等、いやっ、それ以下かもしれない。


でも、実はこの内容は「想定内」だった。

今年の1年生、やる気がある奴らが多く入団してきてはいるが、まだまだ素人、
基礎レベルもままならず、まさに今フットワークから再練習しているところ。

今回の話をもらって、うちの1年生達の実践練習が出来ると思い、そこで今の
自分達の力の無さを分かってもらいたいという感もあったのも事実。

だから今日のゲームはまさにうちも練習させてもらってたんだよな。

20130706_145313.jpg

3学年がしっかり揃ったBEAT Jr.では、1年生のみで、丸っと半日練習出来る
機会というのはなかなか無い。
だが、時間と機会さえあれば1年生でも2年生だけでもいろいろ経験させてやり
たいという思いはある。

その為には、やはり通常練習時にしっかり練習していくことが先決。
今回の経験を経て、次に繋げていってほしいところだ。


そして、今回一緒に練習をやったミニバスチーム諸君、お疲れ様でした。
決して良い練習とはいかなかったかもしれないが、それでも目標の為の糧となれば
と思います。

どうか頑張って下さい。

応援しています。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground