FC2ブログ
2013-06-09

Challenge!!

今日の練習時、いつもと違う光景が目に飛び込んできた。

練習開始前のアップ中に1年生達が自らフットワークをやり始めた。

勿論、前回にコーチに言われた事をやっているだけだと思うが、
それでも言われずとも素直に取り組むその姿勢は良いんじゃねぇの?

そして反対側では、知らぬ存ぜぬの顔で淡々と自分のシューティング
のみをやっている先輩にあたる2,3年生達がいた・・・。

もやは1つのチームになっていねぇ!っていうのが俺の率直な感想。

それとも何か?
「真面目にやっちゃって」とも思っているのか??

さらに話を聞くと、未だチームのメンバーの名前すら知らない面々も
いるほど。
個人のバスケットボール教室じゃないんだから、後輩育成、仲間との
コミニュケーション、気遣いをするなんて当たり前やろ!?

「終わっとるわ」、っていう話から今日の練習スタート・・・。


で、今日は日曜日ということで、軽くアップを済ませ試合形式主体の練習
を中心に行った。

毎回言うことだが、この紅白戦というのは遊びではない。
平日練習のまとめとして、やってきた練習、或いは言われた事の総まとめ
として取り組んでもらうのだが、毎回出来ない。

「何がそうしてるのか?」と考えると、結局今自分が出来る事しかやらない
という考えがそうしているのだと思う。

楽だから?それとも
ミスが怖いから?

そんな考えじゃ、うちでやっているメリットなんて全くないんだよな?

1、2年生なんか自分の部活ではそうそうまともな練習すらやらせて貰え
ないだろ?
3年生においては総体間近な今、今さら新たな取り組みなんてしないだろ?

けど、うちでは今まで考えなかったいろんな事柄を試してみて、それを自分の
引き出しの1つとして見に付けるのが大きな目的。

次のステップアップの為、これから先の為にね。

だからもう少しチャレンジしよまい!
いろんなことをやってみよまい!

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground