FC2ブログ
2013-04-10

WHY?

卒業していった連中の時代以降、なかなか人数が集まらなかった
BEAT Jr.だが、ここ最近はちょっと様子が違うようだ!?

直ぐに正式入団とはいかないにしても、ここにきて体験希望者が
異常に多い。
勿論、嬉しい悲鳴だが、3年越しでやっと名が浸透してきた証か
もしれない。

さらに希望者が増えているもう1つの要因としては、活動の仕方
にもあるのではないだろうか?
年がら年中、定期的に週3回ほど練習をしていて、かつ年間30
回を超える大会、交流会に参加しているクラブチームというのも
県内にもわずかしかないはず。

バスケに飢えた、部活でもの足らない子供達がそういうところを
探し求めるのは必然かもしれない。

また、この拙いブログも満更活躍していない訳でもないようだ(笑)

だいたい連絡がある方はこのブログを見て頂いており、チームの
方針、活動内容等を確認してからきているよう。
チームの思いを見てから来てくれるからこそ話が早いというもの。

まぁ、興味のない方が見ても糞つまらないブログでも、少しでも
チームのプラスになるならば継続していかないかんね。


ところで、その体験の話で変わった光景もある。
BEAT Jr.は男子チームだが、なぜか女子の要望も数多くある?
「女子チーム作らないの?」或いは、「女子チームがあれば即入
ります」的な感じ・・・。

中バスの試合を観に行くと、指導していたミニバスの子供達にも
言われる始末。

実はこれは今に始まった話ではないんだけどね・・・。

でもたしかに近隣には自転車で通えてかつ、マメに活動している
女子クラブチームというものは男子以上に存在しないのはたしか。
男子同様少しでもバスケをしたい子供達も実は数多くいるかもし
れないね。

とは言っても、残念ながら今は女子チームを作る事は出来ない。
練習場所の問題、専属で指導できるスタッフもいないのが現状。
「いいわ、いいわ」で作ったって長続きしないし、流動的に作った
って、きちんとしたチームを作れる訳がないのはわかっているから。

実感している最中だが、1つのチームを作るのは並大抵ではない。

どうせやるなら、しっかりビジョンをたてて、基盤を作ってからだね。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground