FC2ブログ
2012-12-09

ジュニア選手権決勝リーグ②

昨日残念ながらもトーナメント途中敗退した本日の決勝リーグ2日目。

BEAT jr.は順位戦にまわった。

正直この順位戦は特別拘りはない。

ただどうせやるなら「全員バスケ」。

最後に皆で戦い、気持ちよく終わりたかった。

20121209_113057.jpg

初戦こそまだまだ納得いく試合は出来なったものの、最後の最終試合は
「らしいバスケ」が出来て盛り上げる事が出来たな。

皆それぞれが持ち味を出し、全員で接戦を勝ち取っての勝利で締めくくり、
有終の美を飾る事ができただろう。

「たられば」だが、この感じが昨日の試合で披露出来たらと思うと・・・。

まぁ、終わった事を掘り起こしてもしょうがない。

今は奴らの頑張りを褒め称えたい。

「お疲れさん」。

20121209_113111.jpg

でも、こいつらやっぱ最高な奴らだ。

どんな時も奢り高ぶらず、決して仲間を非難しない奴らばかり。
挨拶だって普通に出来るし、人の話だってしっかり聞ける。

「普通」?

いやいや、こんな普通な事も出来ない面々だって普通にいるって。

そればかりか、「楽しむ」という事を共有出来る力も持ち合わせていて
常に笑顔でいられる楽しい奴らだ。

20121209_15.jpg

そして全日程終了後には、まさかの「胴上げ」をされてしまった。

自分の中の人生初。
それも中学生達に胴上げされるなんて思ってもみなかった。

胴上げされる際、「絶対落とすなよ」って言ったら、
「落とすなって言う事は、落とせって言う事ですよね」って。

テレビの見過ぎだわ、「馬鹿野郎!」(笑)

でもそれは非常に心地良かった、指導者冥利につきるね。

その胴上げ時にメガネを壊されてしまったが、それはご愛敬としとくわ(笑)


ほんと「有難う」。

こいつらの指導者でよかった。


最後に応援に駆けつけてくれた1,2年生達と未来のBEAT戦士と共に
もう1枚、記念撮影。

今の3年生達が築いてくれた伝統を次の世代に引き継ぎ、より進化させて
いくことが、我々スタッフと残ったメンバー達の役割。
これから今年以上のチームを作っていくのはいくつもの試練が待ち受けて
いるが、頑張っていくしかないね。

20121209_153.jpg

この選手権の間に沢山な指導者の方々から電話が入り、労いの言葉を
多く頂いた。

これまでのBEAT jr.は沢山の人達に支えられて、助けってもらって
ここまで成長する事ができた。

本当に感謝しています。


最後に、陰ながら支えて頂いたBEAT jr.のご父兄の皆さまにも大変感謝
しております。

至らない指導でご迷惑もかけましたが、たった3年間でここまでこれたのも
ご父兄の皆さま方のお力添えがあってこそだと思います。

「有難うございました」。

残り少ないクラブ活動ですが、最後までご支援ご協力賜わりますよう、心から
お願い申し上げます。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground