FC2ブログ
2012-12-01

ジュニア選手権 予選

いよいよ「ジュニア選手権」が始まった。

今年は県内ジュニアチーム62チームと多くのチームがひしめき合う
レベルの高い大会となった。

BEAT jr.はAチーム(3年生)、Bチーム(2,1年生)と2つのチーム
をエントリーしたが、Aチームの目標はかなり大きく持って頂点(笑)、
Bチームは経験の場として挑ませてもらった。


そして、本日はブロック予選。
組み合わせも昨年の実績を考慮されている為、うちの2チームは
ノーシードからの対戦。
3チーム或いは4チームブロック内で1位のみしか決勝リーグに進め
ない1発勝負の大会だけに油断は許されない。

20121201_1.jpg

予選の1試合目。

これまでの試合等の課題を全て考慮してメンバーをたててみたが、
立ち上がり悪い?
この序盤の悪さが1つのチームスタイルになってしまっている・・・。
悪い中でディフェンスで凌ぎロースコア―で1ピりを終える。
2ピリに入ってからようやくリズムが出てくる、まぁこれもいつもの
パターン(笑)
後半に入ってからはメンバー全員出場させるも、ヒヤヒヤ展開が続く。
それでも最後まで何とか耐えて先ずは1勝をあげた。


2試合目。
とりあえずここを凌ぐと決勝進出となる。
相手は2年生主体のチームだったが、油断だけは禁物。
序盤から激しくディフェンスであたり前半で試合を決め、全員参加で
大勝。

とりあえず3年越しで決勝進出を決めた。
決勝トーナメントも昨年のシードチームのブロックに入っている為
これでベスト16。

さぁ、これからが本番。
次週のトーナメントは相当厳しい戦いが予想される。
次の1週間で何とか再調整し万全を期したいところだ。

20121201_2.jpg

そして1,2年生のBチーム。
会場も違い、さらにスタッフが急な仕事が入ったの為、うちの息子と
メンバーの兄ちゃんに急遽ベンチをお願いした。

彼らの目標はあくまでも「経験」。
大会前夜にようやくメンバー全員揃った状態でのチームでは、もはや
勝ちに行くというレベルではない。
早い段階で試合の経験をし次の年度に備えるだけでいい。

結果1試合目は大敗したものの、2試合目には出来ないなりに良い試合
をした模様。
それでも1年生の初心者も同じプレイニングタイムを与えるよう指示を
していたので結果が伴わないないのは致し方ない。

今は現状の力を知り、次の糧になれば良い。


BEAT jr.の現在のメンバー数は28名。
今回の選手権で全員が試合に参加できた。

基本全員バスケを推進し、皆にチャンスを与えるようにしている。
その中で切磋琢磨しあい、誰がコートに立ってもチームのレベルが
落ちないようにするのを理想としている。

しかし、次回のような決勝リーグになるとレベルも上がりそれも難しく
なってくるのが現実だが、それでも全員が笑って終われれば最高だ。

だから最後は笑って終わろまい。


スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground