FC2ブログ
2012-09-25

「勇気」

現3年生の課題はたくさんあるが、その中でも最も減らして
いきたいのが無駄な「ターンノーバー」。

特に「パスミス」だね。


パスミスの要因は沢山あるが、我がチーム内でおきる原因を
探ると3つあると思う。

1.視野が狭く、相手ディフェンスを確認せずのパス。
2.相手のプレッシャーに負け出してしまう、無理やりなパス。
3.一か八かのギャンブルパス。

現在BEATが特に無くしたいのは3つ目の項目だ。

パスミスは決してパサーだけではなく、レシーバーの問題も
あっておきるものだが、この「ギャンブル」パスだけはパサー
のミスだと考えている。

そもそもなぜ「ギャンブル」をしなくてはいけないのだろうか?

基本アーリーオフェンスを主体とした我がチームだが、最初に
狙うのはやはりブレイク。
速攻を狙うがあまり、通るか通らないか分からないパスを思わず
出してミスが発生しているというわけである。

ギャンブルなプレーって、決まれば「BIG PLAY」に繋がるが、
失敗は単なる相手へのアシストになってしまう。

しかし、ギャンブルというだけに、決まった時の気持ちよさを
知ってしまっているからこそ、なかなか止められない要因かも
しれないね(笑)

「まさに負のスパイラルだ」。


では、このようなミスを減らす為には、ボールの繋ぎ方と走る
タイミングや走るラインを徹底すればより精度を上げることが
出来るだろうが、それ以上に無理と判断した瞬間、その行為を
止める「勇気」を持つ事が先決と考えている。

勇気ある判断により「緩急」をつけ、幅広い展開が出来れば、
ここぞという時の速攻がより効果を増すだろう。


さて、さて、うちに勇気ある「勇者」は出てくるのかな??

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground