FC2ブログ
2012-08-19

ASU杯 2日目

大会2日目はこの大会の懇親会を経て迎えた。

多くの指導者と交流を図れ、非常に楽しい夜を過ごしたのは良いが、
この日は1試合目からの審判・・・。

自分の体調はすこぶる良くなかったが、せっかくブロック1位で通過し
決勝リーグに進めたので、奴らには頑張ってもらいたいとこだ(笑)

ASU003.jpg

さて、準決勝の相手は、先日のカップ戦で決勝を戦った相手。
残念ながら相手チームに負傷者が数名いた為、ベストではなかった。

それでも前回で既に手の内がバレている為、そう簡単にはいかないと思っていたが
昨日の予選と比べ、珍しく試合の入りが良い?

ディフェンスも序盤から非常に機能し、BEATペース!?

結局、終盤まで力も劣れえず、全員出場で決勝に駒を進めた。

ほんと珍しく良い試合だったね。

ASU005 (2)

そして、決勝戦。
このチームも今シーズン初めて戦うチーム。
ミニバス時代から知った、監督さんとメンバーの面々。
中体連でも県内優勝チームメンバーも多くいるという。

予選から試合を見ていたが、非常にうちに似たようなチームでもある?
まぁでも、ここまできたら何とか上を目指そうと挑んでみたが、序盤の
試合入りは?

「ス~パ~悪い??」、前の試合は何だったのっていうレベル。

試合開始から13本、14本シュートを放っても尽くリングを嫌っていく。
結局5分20秒経ってようやくフィールドゴールを決める始末・・・。

「おわっとる」。

それでも何とかディフェンスで凌ぎ超ロースコアーで試合が進んでいく。

2ピリに入ってもまだまだエンジンはかからなかったが、点差は思ったより
開いていない。
で、後半に入り攻撃を一気に変え、インサイドにボールを集めてみた。
これが機能し、ようやく追いつくことができた。

そして、最終ピリオドは1ゴールを争う、まさしく一進一退の攻防となった。

残り3分を切った時点でもまだ同点だったが、その後立て続けに3つのターンノーバー・・・。

このミスとファールトラブルで僅差で敗退、
結果この大会は準優勝で幕を閉じた。

ASU005 (1)

「う~ん、やはりまだまだのチーム」というのが現在の感想。

波が激しいチームである以上、これからも厳しい戦いが強いられそうである。

それに「ポイント」となる場面をコートにいる奴らが察知し、ここぞっという時に、
集中して戦っていくという経験もなかったことも今回の敗因の1つだろう?

負け惜しみだが、今負けておいてよかったんじゃないかな?
次に繋がる負けとしてね。
そして、そんな経験はこれからだって十分出来るからな!


でも、この大会最中には多くの指導者からそのスタイルの良さを褒めて頂いた。
最後の決勝戦でも、最悪な状況な中でも接戦に持ち込めるとこまでいけた
という事は、まだまだ「伸びシロ」だって十分にある。

そう言う意味では、非常に有意義な大会になったかもしれない。


最後に素晴らしい大会に声を掛けて頂きました高校関係者の皆様、
並びに裏方で支えてくれた後援会並びに選手の皆様、

「2日間、有難うございました」。

ほんと、いろんな経験ができて、「感謝」です。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground