FC2ブログ
2012-08-01

注目×共感

熱い戦いが繰り広げられているオリンピックだが、国内でも
高校総体(IH)がいよいよ明日準決勝とこちらも熱い。

今年の総体、特に男子はシード校が敗れる波乱がおきていて、ベスト4に
残ったのは第4シードのわずか1校のみ。
その分、古豪と言われてきたチームが残ったり、あまり注目されていない
新生チームが残ったりでその中身は非常に面白いものがある。

その中でも自分が注目していたのは正知深谷(埼玉)と桐生第一(群馬)。
月バスの予想を見ても☆1つ程度の低評価。

この2チーム、激戦ブロックで強豪と言われるチームを尽く破り、
結果準々決勝であたるが、正知深谷が僅差で勝ち進んだ。
違うブロックならと思うと勿体無い対戦であったかもしれない。

自分が注目する理由としては、共通するチームスタイルにある。
特別上背がある選手もいるわけでもなく、とにかく激しいディフェンスからの
速い展開で皆で得点をとる全員バスケ。

現在BEAT jr.でも提唱するバスケに近いところがあるからだ。

近年の高校バスケ、外国人選手が主体になっていて、純日本人で
頂点を狙うチームも少なくなってきている。
さらに上背がないチームが上にいくのは正直厳しいのが現状。

そういった中で、小さなチームが大きなチームをどう攻略するかという
手本になるようなチームらしく、良い「ヒント」が隠されているのでは
ないかと以降も注目している。

そして明日の準決勝、ベスト4に残った他の3チームは名前が知れた古豪ばかり、
はたして結果はどうなるか非常に楽しみである。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground