FC2ブログ
2012-07-26

共通な意識

いよいよ中学校も県大会目前。

これまでBEAT jr.メンバーが所属する中学が尽く地区予選で敗退する中、
唯一、先日の愛日大会で優勝という好成績で県大会出場を決めたメンバーもいる。

「おめでとう!」。

もっともっと上を目指して頑張ってきてくれよ。


さて、夏休み真っ只中のBEATの面々。
部活も一区切りつき、いよいよジュニアの戦いが始まる。
自分も最後に「後悔」しないよう、今一度「気合い」を入れていこうと
思っている。

そして、今日の練習も先ずはディフェンスの確認から。

総体の予選を何戦か見ていてチーム力の差が結果的に勝敗に繋がっていて、
多少オフェンス能力が高くてもやはりミスが少なく、チームディフェンスを
しっかり出来ているチームの方が上を行っていることが分かる。

そういう意味で、自分はチームディフェンスをする事は最低必要限な
ものと考えている。

今日も彼らに「各々の部活においてのディフェンスの約束事は?」と
聞いても、皆一様に無いと提言する。

「ありえん」。

厳しいようだが、だから地区予選とまりではないだろうか。


オフェンスにおいても同じだと思う。

ちょうど前回の講習会で、
「アイソレーションは既に死語」だとおっしゃっていた先生がいた。

要は現代バスケでは常にチームオフェンスが中心になっている
ということだろう。
勿論、チームで行うまでのファンダメンタル、フィジカル面強化が
前提にあってのはなしだと思うが。


決して縛りまくって固めようとは思っていない。
ただ、「共通意識」を持たせ、目的のあるバスケをしてほしいだけ。

ただそれだけ。


スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground