FC2ブログ
2012-07-15

本番開始!

本日も自分は公認コーチ資格の講習会に参加していたが、
昨日からいよいよ中体連総体の予選が各地区で始まった。

負けたら部活も「引退」。
泣いても笑ってもこの戦いが最後。

各地域に散らばったBEAT jr.の連中ももちろん各々の部活で参加している。
皆、悔いのないよう頑張ってほしい!


残念ながら自分もなかなか予定の都合がつかなかった為、昨日だけ
その予選を応援にいってみた。

012.jpg

地区予選の本番、やはりどのチームも「気合い」の入れ方が違うね。
コートに立っているメンバーもベンチも、勿論応援席も熱気でムンムンだ。


でも、こうゆう試合を見ていると日頃の練習が見えてくる事もある。

何とか得点に繋げようと必死で頑張る姿勢であるとか、ミスをしても
何とか取り返そうとする姿勢であるとか、自分の役割をきちんと果たそうと
する子、或いは仲間に声をかけてプレーを称える、励ます姿勢とか、
ほんと普段の練習の姿勢が少しも変わらず本番で出ているものだとわかる。


ちょうど講習会に一緒に参加している仲間がいて、とある試合の話を教えてくれた。

そのとあるチームの子は今回の地区予選の中、審判のジャッジにクレームをつけ、
1つ目のテクニカルファールをもらったらしい。
その後即メンバーチェンジでベンチに戻るとイスを蹴り上げ2つ目のテクニカル。
この時点で会場から退場となるが、会場を去る瞬間に暴言を吐き
3つ目のテクニカルとなったらしい。

もやは、ここまできたら「悲しい」というしかないだろう。

というより、厳しいようだが指導者の力の無さを指摘されてもおかしくない。

本番だから普段より熱くなってこのような行動を起こしたのではなく、
まさに常日頃からの練習の表れではないだろうか。

まぁ、うちのBEATのメンバーには流石にここまではいないが、
いたら後日鉄拳制裁ものだね(笑)

014.jpg

さて、この2日間を終えて、BEAT jr.の通う学校でも次の大会に進んだチームも
いれば、残念ながらここで終えた仲間もいる。

先ずは部活を終えたメンバー、「お疲れ様」。


全国大会に行って優勝しない限り、いつかは何処かで「負ける」事になる。

不完全燃焼で負けて悔いを残すようであるならば、まだ努力が足らなかった証拠であり、
次のステージでは同じ過ちをしないようこれからより頑張れば良い。
悔いこそなくても次のステージで頑張ろうと思っているならば、今日から早速
努力すれば良い。

要はそう言った経験を自分の「糧」にすればいいだけ。


まだまだ果てしなく続くバスケ人生。

勝ち進んだメンバーは1つでも上を目指して頑張ってほしいし、
そうでないメンバーはBEATで気合い入れなおして頑張ろう!

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground