FC2ブログ
2012-07-29

経験

本日はいつもお世話になっている「ネイスミスさん」からのお誘いで
朝から終日、交流会に行ってきました。

実は今回、自分が無理言って近隣クラブチームを呼ばせて頂き、さらに1、2年生も
全員試合に出れるようB戦もしっかり組ませて頂きました。

体育館をとって頂いたのに関わらず、勝手言って申し訳ありません。

でもその結果、本日参加のBEAT jr.22名が、一日しっかり汗をかく事ができました。

いつも本当に有難うございます。

IMG_20120729_090552.jpg

本日は県外も含む全6チームのクラブチームが集まりA戦、B戦ともに3試合、
それもフルクォーターの試合。

3年生ならいざ知らず、特に1年生までがこの時期十分な試合経験が出来たのは
本当に有難いこと。
正直、我々スタッフもこの熱さでダウン寸前だったが、そんなこと言っている場合じゃ
ないね。


さて試合はと言うと、3年生は総体も終えたメンバーが多く集まり、ようやく
チームとしていろいろ試せるメンバーが参加してきた為、先ずはチームスタイルを
今一度確認。

・攻撃的なディフェンス
・早いトランジション
・アーリーオフェンス

これがBEAT jr.の「真骨頂」。

勿論どんなメンバーが入ってもそのスタイルは変わらないようにするのもポイント。

IMG_20120729_150857.jpg

結果3試合全て、とりあえず理想的な動きが出来たのではないだろうか?
それに加え、シュート率も以前に比べたら各段と良い!

少しずつ前に進んでいるのはたしかだ。

対戦したことにないチームと試合を行う事で、その善し悪しが自ずとわかる。
そして決して相手に合わせず自分達の動きを貫き通すのが目的の1つでもある。

たかが一日の交流会だったが、最低限な意識統一ができたのではないだろうか。

ただ、アーリーオフェンスからハーフコートに繋げる攻撃の課題もあった。
そこに関しては早急に対応していかなければならないね。

IMG_20120729_114026.jpg

そして今日Bチームとしてやらせて頂いた1、2年生。
彼らもれっきとした次の世代に中心となるBEATメンバーである。

だから3年生に頼る事なく、今から自分達だけで戦う力をつけていく事が必要で、
現2年生がする事は、先ずはきちんとしたバスケをすること。

ディフェンスにしても、速攻、パス1つに関しても決して手を抜かない、
力を抜くRUNではなく、常に全力で走る、ただこれだけ。

これが出来なければ次に進むことは出来ない。

それでも今日は何とか1年生の穴を頑張ってカバーしていたんじゃないかな?
とりあえず「良し」としてこうか。

IMG_20120729_153914.jpg

最後に1年生。
まだ何も身についていない状態で「やれっ」って言っても何も出来ないわな?

でも、バスケ初心者軍団が当たり前のように試合に出れるとは思ってはいけない。

こういった経験をさせて貰う事に先ず感謝し、今は自分の力を知るべし!
その経験の無さ、技術力不足を実感し、次からの練習に繋げていけば良い。

すぐ傍には「良いお見本」がたくさんいるから、多くを学べ!


BEAT jr.も3学年が揃って試合をさせてもらうのは初めてのこと。
だからこういう機会ではそれぞれが勉強出来る。
本当に全員が良い経験をさせて頂きました。

改めてお礼を申し上げます。

「有難うございました」。

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground