FC2ブログ
2012-06-07

コミュニケーション

ようやくメンバーが揃いつつある。

テストに修学旅行等で今回は1か月以上全員の顔が揃わなかった。

こうメンバーが集まらないと新たな練習を取り組もうと思っても、
メンバーが戻って来る毎に、同じ事を何度も繰り返さなくてはいけなくなるから
辛いところ。

まぁ、時間は掛ってしまうが、こればっかはしょうがないか・・・。


さて、今日も先日に引き続き「ディフェンス」の練習。

ディフェンスにおいて最も「重要」な事は?

チーム内のシステムを覚える事も大切だが、やはり絶対的に必要なのは

「コミュニケーション(声だし)」。

3年目を迎えているBEAT jr.だが、メンバーも20人を超えているにも関わらず、
まるで3、4人でやっているようだ。

特に「ゾーン」の場合、マンツーマン以上のコミュニケーションを取らなければ
いけなくなる。

「わかってねぇな」。

逆サイドで別メニューを行っている1年生にも同じ事を言ったっけ。
一番声が出ているのは「コーチ」だって・・・。

その「声」1つはチーム内のコミュニケーションをとると共に時に「武器」としても
使えるものなんだよな。
さらに声が出ているという事は周りが見えているかつ、動きが分かっている
証でもある。

全ての面で自分の能力を上げていこまい!


ところで今月、また新たな3年生が正式に入団した。

体験入部を経て正式に入ってきたわけだが、この彼は体験時から
よく「声」が出ていた。

まるで初期メンバーからいたように。

そのコミュニケーション能力が高い彼はあっという間に皆に馴染んでいったわけだが、
声出しだけでも皆に信頼されているようだ。

入団時期関係なく、出来るとこはどんどん引張っていってほしいな。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground