FC2ブログ
2012-06-05

「十人十色」

修学旅行等でまだ全員なかなか揃わない今日の練習・・・・。


それでも本日は先日の高校総体でのヒントを経て、「ゾーンディフェンス」の
練習を行ってみた。


練習するにあたって、メンバーにも事前に伝えた。

多くの環境でバスケをするにあたって、その中にはいろんな指導者がいて、
考え方も「十人十色」。

指導者の数だけ「バスケ論」があって、同じ練習であっても言葉が変って
全く違う指導のように思える時だってある。

だからどの教えが「正解」だとかというのは「ない」という事を。


我々が普段からやっている2-1のアウトナンバーの練習だって、オールコート
での走るラインだってチーム特有の約束事でやっている。

今日のゾーンの練習もやはりBEAT jr.「特有」の考えを盛り込んでいる。


では何を信用するのか?

信用とかではなく、自分の1つの「引き出し」が身につくと思えば良い。

1つの教えだけを信用してしまうと、部活やクラブ或いはクリニック等を受けた時、
自分が信用した教え以外の指導に「不信感」を持ってしまう。

いろんなとこでバスケをやっている面々は常に「前向き」な考えを持つべきだ。

要は、常に「頭を柔らかくしていこう!」という事。


そして、今日の練習では、先ずは約束事の動きを重点に練習。

実際我々スタッフも練習の中に入って、試行錯誤しながら修正していく。
我々だって、繰り返し練習を行い、駄目な部分は謙虚に受け止め
修正を繰り返して行く。

メンバーと同じように頭を柔らかくして、最終的にチームにとって
最も良いスタイルを作れば良い。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground