FC2ブログ
2012-03-26

驚愕!! JBL前座試合

昨日は日本スーパーリーグの前座試合に参加させて頂いた♪

日本バスケの「最高峰」、それもその試合は今期JBL男子の上位2チームの前座試合。


「血湧き肉躍る」。


傍から見れば、特別たいしたことのない試合に思えるが、うちにとってそんな気持。

とにかく出させてもらうだけでも「光栄」な事である。

にしてもここの体育館、デカすぎでしょ!?
通常フルコートが4面取れるとこを横にしっかり1面のみをとっての試合。

120325_110816.jpg

こんな体験なかなか出来ない輩は入った瞬間その環境にのまれていたようだ?(笑)

これまでいろんな地域でJBL或いはJBL2等の前座試合をやっているという話は聞く。

だが、それらの試合はだいたい地域の選抜で選ばれた中学生同士が対戦するもので、
今回のようなジュニアのクラブチーム同士での対戦は非常に稀とのこと。
それが国内トップクラスの前座なら尚更である。

さらに、特別巧い県の選抜クラスの選手もおらず、普通の連中が集まるBEAT jr.の
面々にとっても、大変「記憶に残る」良い体験になることだろう。

お声を掛けて頂きました関係者の皆様、本当に有難うございました。


さて、嬉しさも当然あるながら、そんな場所での恥かしい対戦だけは出来ない。
ある意味心地よい「プレッシャー」がある試合だが、全力で楽しめ!

120325_110528.jpg

試合前に選手紹介に、メンバー全員のシュートパフォーマンスを経て、

「ティプオフ」。

基本ベンチメンバー全員参加という申し合わせの中、1、4ピリオドは「ガチ」の勝負。


その1ピリ、

これまで「類をみない」くらい酷い立ち上がり・・・。

試合開始から4分経っても得点が出来ない。
決してシュートをしていないわけではないが、尽くリングに嫌われる。

「緊張」!??

まぁ、たしかに未体験ゾーンかもしれないが、観客は各チームの身内ぐらいで、
その数合わせて50名くらいでしょ(笑)

無意味な緊張ほど、意味の無いものはない。

本来、その緊張を良い方向に持っていくことが出来ればいいのだが、
残念ながら、まだその術を持っていないようだ・・・。

「メンタル」、

やはりメンタル面の練習もしないかんという事だね。


120325_113101.jpg

そして、2ピリ以降で全員出場を果たしたが、最後までベストの動きをする者も
現れず終えてしまった・・・。

結果こそ1点差で勝利し、接戦で良い試合で終えたように思えるが内容はお話に
ならなかったなぁ。




まぁ、それでもこんな素晴らしい「経験」が出来た事だけでも良しとするしかない。

やりたいと言って手を上げても簡単にやらせて貰えるもんじゃない。

BEAT jr.は多くの人達に助けてもらい、毎回勉強させてもらっている。

今回だって、その1つ。

ある意味、「記憶に残る日」になったかもね(笑)

120325_094658.jpg

試合終了後はトップクラスの試合を見させて頂き、最後まで楽しい思いを
させて頂きました。

改めて、この機会を頂きました関係者の皆様有難うございました。


スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground