FC2ブログ
2012-02-25

まきがねカップ 初日

本日は岐阜県恵那市で行われた「まきがねカップ」に参加させて頂きました。

そもそも中体連中心のこの大会、ここに愛知の無名なクラブチームが参加しても
良いのだろうか?
そんな思いもありながらも「有難く」参加させて頂きました。

あっ、そうそう「栗粉餅」!
これも楽しみにしていて体育館に着くやいなや、挨拶早々に伺ってみた。

が、残念ながら栗粉餅は栗のシーズンの「秋」だけの限定商品。
この時期は販売していないとのこと。

「ざんねん」!

でも、そのかわり?

新たな餅!

「豆餅」を頂いた。

d0044051_2275559.jpg

餡子とかは特別入っていないもの、中の豆が絶妙に餅とあって、ほのかに甘みを感じる
絶妙な逸品!

「うまっ」。

多分甘いもの苦手な人でも十分美味しく頂けるそんな絶品ものでした。

「ごちそうさまでした」。

後で聞いて驚いたのはこの豆餅も栗粉餅と同様のお店で販売しているとのこと。

しかし、やはり人気らしく週末は午前中で完売してしまうらしい。

「さすが」だね。

120225_102027.jpg

さてさて、バスケの話。

このまきがねカップは岐阜県内を中心とした全12チームが参加している。

本日は1チームがハーフゲーム4試合行い、勝ち点、得失点で次の決勝リーグの
順位を決める予選となった。

今日のBEATの参加者は怪我人を含め13名、勿論カップ戦なので勝ち負けには拘るが、
せっかくきたメンバーは全員コートに立たせてやりたい。
そんな思いもあって、「全員バスケ」をもう1つの目標として掲げ、挑んだ。

そして予選1試合目。

シュート率が低迷するBEAT jr.だが、いきなり初戦から立て続けに3pint2本
沈める好スタートの出だしで始まった。
そのまま勢いに乗り、2ピリ前半である程度の差をつけ、終わってみると全員参加の勝利。

2試合目もこの勢いに乗り、攻撃的なディフェンスからの速効という、「目指している」
チームスタイルで完勝。

3試合目こそ序盤は自滅で苦しんだがこの試合も全員参加で勝利。

そしてこの日の最終試合も最後までチームスタイルを崩すことなく完勝。

結局この日の全試合全員で戦い、予選1位通過で翌日の決勝トーナメントを
迎えることとなった。

120225_122710.jpg

この日の「収穫」は「攻撃的なディフェンス」を仕掛け、「全員が走る」という
チームスタイルを最後まで貫くことが出来たこと。
さらにそれに加え、「ボール離れ」を徹底し、無駄な「ドリブル」を無くし
パッシングで縦に繋いでいく攻撃も意識して出来るようになったことだ。

「まずまず」。

ただ、ボール離れを意識するあまり、そのパスの1つ1つが「雑」になっていって
しまうのは否めない。
結果、「精度」という新たな「課題」が加わった。


しかし、もう1つの「課題」である「シュートセレクト」、
これはまだ直らないんだよな・・・・。

相変わらず仲間の動きも見えず、敵も把握していないまま「無理」な
シュートセレクトをする。
突っ込んでは自滅、無理な体勢でのシュート、まだまだ一人よがりの奴らが多すぎ。

今後、チーム的な約束事も交え、ハーフコートオフェンスの強化が必要だ。


また、全員がコートに立てたことにより、スタートメンバー意外の経験がつき、
各々が各課題に取り組もうとする姿勢が確認出来たことも大きな収穫の1つだった。

現在ガードポジションの一人である「Y」、他の指導者にも絶賛だったこの日の動き、
自分も試合の中で初めて褒めたかもしれないな。

「底上げ強化」、これもうちの課題の1つだが、少しずつ引き上げられているかもしれない。

やはり、結果も伴ったこともあり、収穫の多い一日となった。



ところで、現在BEAT jr.には数名の怪我人がいる。

怪我の為、毎練習一緒に練習が出来なくて、当然試合にも出れないが、それでも
朝からチームの試合に帯同してくれる。

心強い「仲間」がいるよな。

そいつらは言われなくても仲間の為にベンチを作ったり、ボール拾いだって
やってくれる。

この大会で「全員参加」って言っているが、その怪我人達もその中に入って
いるんだよな。

試合に出ているメンバーはそんな奴等のことを「感謝」してやっているか??

自分だけプレーが出来れば良い?
そんな風に思っている奴はいないと思うがもしいたら?、当然うちにはいらない。

「チームプレー?」

仲間がいなければ決して出来ないことなんだよな。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground