FC2ブログ
2012-02-17

憧れ・・・

昨日の新1年生体験参加に引き続き、今週末には新3年生の体験1名、
次週以降には新2年生の体験が5名ほど来る予定があるBEAT jr。

まだ体験期間の為、今後正式に入るかどうかは分からないが、
日に日にチームが変化していっているのはたしか。

では現行メンバーがこの新たな「風」をどう受け止めるかが今後の課題となってくる。

バスケの経験も浅い、もしくは初めてバスケを始めるメンバーに対しては
チームメイトとしては当然出来る者が「教える」という事は当たり前。

ただそれだけではなく、如何に「見本」になるべく姿を見せれるかポイントだと思う。

フィジカルも技術もまだ身についていない下のレベルに「合わせる」のでなく、
上のレベルに「引っ張っていく」ことの方が大切。

だからこそ今まで以上の取り組み方と努力に加え「プライド」という
心の技術もレベルアップさせなければいけない。

昨日の練習でもそうだ。
前半一緒に練習していたが、その中で上級生は「圧倒的な力の差」を見せつけれたか?
それは背とか身体ではなく「バスケットボール」の中でだ。
それは「プライド」を持ってさえいれば容易いこと。

決して下級生に対して「威張れ!」とは言っているのではないから勘違いしないでほしい。

「憧れ」の存在になれということ。

下級生は憧れの先輩についてくるもの、憧れの先輩の姿を真似をするもの。

だからその良き「鑑」になってほしい。

その為にはきちんとバスケをしなければいけないし、もう何度も
同じことを言われないようにもしなければいけない。

要はお前たち上級生は、いつも「見られている」んだ、「注目」されているんだ、
ということを言いたいんだ!

その為にどうしたら良いか言わなくてもわかるよな?

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground