FC2ブログ
2012-01-29

甚目寺カップ

宿泊付きのミニバスの大会を終えた翌日の日曜日は、
「甚目寺カップ」に参加させて貰った。

ミニ時代から仲良くさせてもらっているお友達チームで、設立した昨年から
声を掛けてもらっている。

ほんと大したことのないチームをいつも気に掛けて頂き、「有難うございます」。

この大会、うちのような1、2年生の新チームもいれば、3年生主体のチームもいる、
うちにとってはレベルの高いかつ、非常に良い経験が出来る有難い大会でもある。

120129_133405.jpg

さて、予選は4チームでのトーナメント戦。
上位2チームが決勝リーグに駒を進める。

予選は2ピリの試合ということもあり、前半のスタートが鍵となる。

BEAT jr.の初戦、珍しく良いスタートが切れた。
この試合の後半はもたつくものの前半のビハインドを守り、何とか逃げ切って勝利。

予選の2試合目・・・。
「とにかく話にならない。」
何を焦っているのか、シュートが全く入らない。
その外したシュートでさえ、惜しくも何ともないシュートばかり。

結局、そのシュートは自分のタイミングで打っているようで、
実は相手に打たされてしまっているものなんだと思う。
さらにスペースを無視して、とにかく1対1状態のみで攻める個人プレーばかり。
だから、ボール離れの悪さも非常に悪い。

攻め方をもう一度意識付ける必要があるようだ。


結果、予選は1勝1敗でブロック2位で決勝リーグ通過となった。

120129_165048.jpg

そして、決勝リーグ1回戦は上の息子の出身チーム。
3年生主体で上背、技術全て上回った相手で、ミニ時代の教え子も所属する
強豪チームとの試合。

前半、先の試合同様の動き・・・。
リバウンドをとって3回、4回シュートを放ってもそれでも入らない・・・。
かたや相手はスローな攻めながらもしっかり1回の攻撃で得点を決めてくる。

やはりこの「差」が得点の差として生まれてくる。
決勝リーグは4ピリ制だったが、前半で試合を決められてしまった。

それでも、後半は何とか持ち直し、後半の得点はイーブン。

1試合を通して、善し悪しの「波」が小さいチームが強いチームと言えると思うが、
残念ながら波が「激しい」我がBEAT jr.は、まだまだ力が足らないという事である。


決勝リーグ2試合目は負け負けの交流戦となった。

既に順位が関係ないこともあり、これまで試合に出れなかったメンバーを
スタートに置いた。

本日のBEATのメンバーは怪我人2人を含めると15名の参加で珍しく参加率が高い。

大会、カップ戦は勝ち負けがつく試合で、時に全員が試合に出れない恐れもある。
それでも何とか少しでもコートに立たせたい思いはあるので、こうゆうチャンスに
何とかものにしてほしい。

それでこのチャンスを掴んだのは新1年生だった。
まだ入って間もなく、正直どんな動きをするかもわからなかったが、中々積極的でよく動く。
まだまだ荒削りなところはあるものの、良い素材を持っているかも?

勿論、他のメンバーも先の課題も見つかって良い経験は出来たと思う。

120129_193151.jpg

たった1日だけの試合でも、チームにとって次に繋がるべく試合がある。

今大会、「シュートセレクト」と「ボール離れ」が特に大きな課題だということが
わかっただけでも、収穫はあった。

2月から、毎週日曜日の練習は平日練習とは別途で「ゲーム形式」の練習を取り入れる。
細かな分解練習と並行して試合慣れとチーム練習を一緒に行う方針だ。

以降、これまでの課題を毎週徹底潰して、早々のレベルアップに努めていきたい。



最後に、終日遅くまで大会を運営して頂きました、主催者の皆さま誠に有難うございました。
主催者監督さんにも伝えましたが、BEAT jr.は来年以降、この大会を3年生最後の大会と
位置付けてやっていこうと思っています。

どうか末永くお付き合いして頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground