FC2ブログ
2012-01-19

チーム事情

週1回だけだが、4月から正式入団してくる新1年生3名も既に中学生に混ざって
一緒に練習をやっている。

設立当初、1年生ばかりのメンバーだった時に嫌ってというほど実感したが、
中学の時の「1年間」の差って非常に大きい。

成長前でまだ身体が出来ていない1年生と成長が止まって身体ができた3年生、
まさに「大人と子供」だ。

バスケでは上背の差もちょっとしたハンディとなる時もあるが、「フィジカルの差」の
違いでもそれは生じてくる。
だから当たり負けしないよう前もってフィジカル練習もしているが、
正直「物理的」に厳しい。

ただ、せっかく同じチームに「良い練習相手」がいるならば、大いに先輩達を
活用すれば良い。
勿論、上級生は下級生の指導もしなければいけない。

個々のことだけを考えるのではなく、チームの事を思えば必然的にそんな
関係になるのではないだろうか?


さて、本日の練習、

・ハンドリング
・突き出しドリル
・パスドリル
・ミートドリル
・シェイビング
・先読みディフェンス
・追い込みディフェンス
・ピポットドリル
・レシーブ~パスドリル

新入団員が入ってくるのは嬉しい事。

ただ、小学生或いは中学バスケデビューの子を教えるのは教える方も
非常に力がいる。

現在小学生は7名。
彼らに細かく指導する為には正直スタッフ1名、完全に「ロック」される。

まぁ、幸いBEAT jr.のスタッフは皆ミニ指導の経験もあって、さらに
人数も豊富だからさほど心配はしていない。

年々変わるチームのメンバーとその事情。

常に「進化」し続ける為には、我々指導者も勉強、変化しなければならない。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground