FC2ブログ
2011-12-18

かだいぃ~!

今回も、いつもお世話になっている「ネイスミス」さんにお声掛けて頂き、
交流戦に参加させて頂いた。

いつもいつも有難うございます、「なるぱぱ」。
それも、最後まで我がまま聞いてもらう「VIP待遇」で(笑)。

ほんと「感謝してます」。


さて、本日の午前中、BEAT jr.はいつもの通り?ギリギリの5名で挑んだ。
昼から部活を終えて3名戻ってくるもの、相変わらず厳しい戦いになる。
でも、メンバーが少なくプレニングタイムが増えるこんな時こそが「チャンス」の時、
1年生でもコートの中でしっかり実践練習をさせてもらう事ができる。

志を高く持って挑むべきだ。

111218_091710.jpg

試合は2ピリ制で午前2本に午後2本の計4試合、4チームとの対戦ができる。
いろんなチームと対戦出来るのはほんとうに有難い。

そして午前中の試合、まぁ、とにかく「シュートが入らない」。
初戦は10本目でやっとファーストシュートが決まるほど・・・。
結局その試合の1ピリのシュート確立は 4 / 23。
あんま酷いんで、シュート本数数えてやったわ。

いくら走っても、ディフェンスをやってもフィニッシュ出来なければ
もはやバスケにならない。
内容的に見ても決して無理なシュートをしていないだけに、勿体ない・・・。
結果的に見たって、そのイージーシュートを多数外すことで負けてしまった試合もあった。

誰がというわけではなく、チーム全体の大きな「課題」だね。 
  

午後からはいつものスタメンクラスのメンバーが帰ってきて、2ピリのみ出させたが、
午前中のメンバーと比べて正直「チームが変わる」ほどその差がある。

「チームの底上げ」もシュート率に加え、チームにとっては急務である。

このような交流戦、対外試合で個々或いはチームの課題を見つける事ができる。
その課題を練習で潰していく。

結局、この積み重ねなんだと思う。

参加メンバーが少数でも続けていくしかないね。


そうそう、最後に我がままを聞いてもらい、午前中負けた相手と再戦させて頂いた。
普段さほど勝敗には拘らない自分だが、この試合だけは拘らせてもらった。

時に「勝たなくてはならない時だってある」。

その時に、どんな気持ちで、どんな動きで挑むのか?

そういった意味では良い勉強御ができた♪


最後になるぱぱ、育成会の皆さま有難うございました。
引き続きお付き合い宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground