FC2ブログ
2011-11-10

予防

選手権を来月に控えたBEAT jr.も現在、それに向けての練習を行っている。

しかし、現在あまりにも「怪我人」が多すぎる!

メンバー17名中、6名・・・。

その中には、軽い怪我から、完治まで長い時間を要する者もいる。
流石に具合がどんな状況でも、「無理」だけはさせられない。

結局、医者の判断であるとか、個々の判断でしかやらせれないから正直歯がゆい思いだ。

でも、どんなスポーツでも怪我は付き物と言えばそうなのだが、怪我をするまでの
予防はある程度出来る。

それは、運動前後の「ストレッチ」であるとか、判断力、視野の強化、
或いは常に集中する気持ちの部分や、止まる技術に自己ケア等々。

痛い思いして後悔するより、最低限出来る事は今のうちやっていこっ!

そして、皆の早い回復を願っています。


さて、本日の練習はディフェンスの確認練習後に5-5の紅白戦を行った。

この1か月、紅白戦は完全試合形式で行うことにした。

メンバーを分けチームを作ったら、一人のコーチが1つのチームのみを指導する。
メンバーチェンジもタイムアウトも全てそのコーチの思うタイミングで行う。

このようなやり方でも、チームカラーやスタッフ間の指導方針に変わりはないから、
どんなメンバーで分けても、どのスタッフをつけても基本同じスタイルにはなるが、
より細かい部分のチェックが出来るメリットがあるからそうしている。

さらに各スタッフも新たな「発見」もあるから、それが次の指導に繋がるのでは
ないだろうか?


我々指導者は常日頃から「ゲームライク」を心がけ、練習の為の練習にならないよう、
いろんな試みで最善なスタイル(練習方法)を見つけ出していかなければならない。

その試みが結果的に悪くても先ずはチャレンジしてみることが大事!

結局、奴らもスタッフも日々勉強である。


スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground