FC2ブログ
2011-10-08

中体連 新人戦

パソコンも購入してやって復活。
ほんと痛い出費だわ・・・。


この連休は市内の新人戦を観戦しにいってきた。

この中体連の大会、県大会へと繋がる所謂、地区予選。
この大会に勝ち抜くと次のステージ、「愛日大会」に参加出来るので
どのチームも必死で見てる方は楽しめたかも!?

BEAT jr.のメンバーも8名、3校からこの大会にメインメンバーの一人として
参加している。

111008_111639.jpg

さて、1回戦から通しでメンバーが出ている試合を見ていると共通する部分がある。
それは「ディフェンス」の不出来。

メンバーのほとんどがファールに苦しみ、ファールアウトをするメンバーも続出。

そもそもファールとナイスディフェンスは「紙一重」なところがある。
しかし、この日のファールはほとんどが、手を出したり、反応が遅れての
「無駄なファール」ばかり。

最近、再度BEATでも練習をし直している「ディフェンス」練習なんて
残念ながら少しも役に立っていなかった・・・。

この新人戦の時期、まだまだ個々の能力、チームの力なんて発展段階の時期。
そうなるとこの段階で「ディフェンス力」があるチームが必然的に上位に上がってくる。

だからこそ、BEAT jr.のメンバーだけでもそのディフェンス力を期待してたのだが、
最後まで見ることなく終わってしまった・・・。


そして、各チームに言えることは、ターンノーバーの多さと、決定力のなさ。
まるで、昨年のBEAT jrを見ているようだった。
やはり、ミスが多いチームは勝てないだろうし、イージーシュートを外すようでは
上のレベルで争うことは出来ない。


しかし、まだまだ「新人戦」。

奴らが目指すとこは来年の総体。
まだ半年以上もある、これからより性根をすえて頑張れば全然間に合う。

以降、部活、BEAT jr.共により頑張ってほしいところである。

111008_134725.jpg

でも、この2日間は見ごたえはあった。

メンバーそれぞれの学校で常にBEAT jr.のメンバーが中心で活躍していた。

優勝チームに大接戦の末惜敗したチームのメインもBEATメンバー、
惜しくも3位決定戦に回ったが、その3決の両チームにもBEATメンバーが中心。

ほんと指導者冥利に尽きる(笑)

この大会、メンバーがそれぞれの部活でどの役割をこなしているのか、
或いはどんな姿勢で取り組んでいるのかが分かった、BEAT jrとしては
次に繋がる試合を見ることができた。


まずは「お疲れさん」。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground