FC2ブログ
2011-09-14

イ~ズィ~

BEAT jr.でここ最近の試合でいつも課題の1つに上げていること、

「イージーシュートを外す」こと。

今さらレベルが低い話しだが、現実なことだから重要視しなければいけない。

正直ミニバスを教えていた頃は「シュートに行くまでの過程」を特に
大事にしていて、シュートが入ったかなんて二の次だった。

しかし中学では次のレベルに行く為に、その「課程」の部分も大切に、かつ
フィニッシュをしっかり決めてくるところまでいかなくてはならない。

イージーなシュートを外すのは、当然練習不足であるとか、集中力のなさ、
或いは焦り、油断からくるちょっとしたことだと思う。

しかし、自分の懸念するのは、1得点を失う痛さではなく、その後に生じる
マイナス面の部分だ。

それは、

・即失点に繋がる。
・流れを断ち切る。
・チーム全体のテンションを下げる。

と、このようなマイナス面が出てくる。

たかが1得点の失策だが、たった1つのイージーミスが後から大きく響いてくる。

大袈裟な話かもしれないが、今年もいくつか試合をこなし、実際に実感した
ことでもある。


今一度、1つのシュートの大切さと、そのシュートを入れる為の技術、心を
しっかり磨いていってほしい。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground