FC2ブログ
2011-09-12

続々と。

昨日は、朝から練習試合、それから部活、その数分後にBEAT jr.の練習、或いは、
終日部活の試合後に即練習とメンバーはそれぞれ一日「バスケ三昧」の日々を
過ごした日曜日。

「お疲れさん」。

ほんと「バスケ馬鹿」な奴らばかりだね(笑)

昨日の練習は、新たな学校から2名の新メンバーの参加表明があった。
そして、現在も体験入部中の3名がいて、彼らも入部希望が強いようだ。

これまでうちに入ってきている新入団員はミニバス経験の子がほとんどいなく、
中学校デビューの子が非常に多い。
自らバスケ部を選択し、少しでも上手くなりたい思いもあって、自分の意思で
クラブチームに入ってくる連中ばかり。

「やる気と気持ち」だけは決して経験者とは引けはとらない。

正直技術面等はまだまだこれからといったところだが、その心があれば
あっという間に追いついてくるだろう。
さらに、人数が多ければお互い切磋琢磨しあいチーム全体の底上げにもなる。

我々指導者も今一度気合いを入れな直さなければいけない時期がきたようだ。


さて、練習内容は、
・シューティング
・2-1
・1-1速攻
・3-3ハリーバック

新入部員が入ってくれば練習毎に再度細かな部分を教えなければならない。
時に見て覚えていく事も必要だが、チームの約束事の動きやスタイル等、
現行メンバーもこれまで同じように細かくやってきた。

現行メンバーにとっては、ある意味「復習」。
もう一度再確認出来るという意味では、良い勉強ではないだろうか?


ところで、今回のように新入部員、或いは体験入部の子達がきている時に
懸念していたことが1つだけあった。

それは、「チームの雰囲気」。

現在3年生も一人で、1年から3年生皆仲が良い「お友達」状態で、
正直引っ張っていく者もおらず、「活気」なんて丸っきりないのが今のBEAT jr.。

練習でも特に熱くもなく、皆タンタンと練習をこなしているだけで、
いつも「声を出せ」というコーチの声だけが体育館の中で響く。

このような「活気のなさ」は必然的に新入部員にも伝染する。
部活では常に中心で活動し、いつも声を出している連中でさえ、うちに来ると
「お客さん」と化す・・・。

この「雰囲気」の悪さは、ほんと変えていかなくてはならない問題の1つ。
自分がもし体験に来ている一人だったら正直入部したくないと思う状態。

でも、

今、これからが変わる「チャンス」!
今変えなければ、もう変わらないだろう。

だから良いとこはとことん伸ばし、悪いとこは早めに治していこっ!

次の練習から「みんなで!」。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground