FC2ブログ
2011-09-11

垣根を越えた活動

本日は朝一からBEAT jr.は練習試合。
朝が大の苦手な自分だったが、昨日の懇親会の余韻?も残しながら中学校に向かった。

現在8つの学校から成り立っている我がチーム。
普段メンバーの面々が部活でどんな風に活動しているのだろう?
どんなチームで、どんなプレーをしているのか?
以前から非常に興味があり、そこの先生ともいろいろお話をしたかった。

そんな疑問を解消してくれたのはメンバーが通うとある中学校。
非常に気さくで快く承諾してくれた先生方、
「お忙しいところ本当に有難うございました」。

通常、単体でクラブチームと部活の試合なんて出来る環境はなかなかない。
それも教え子が部活のチームに入って対戦、なんか変な感じだがとても新鮮だ。

試合途中にはここの中学の校長先生も見に来て、いろいろお話をさせて頂いた。
恐縮しちゃいますわ(笑)

110911_111418.jpg

で、その教え子、
「なかなか頑張っているやん」!

そんな動きも出来るんだ!って、ちょっと感心した。
やはり、このような場を与えてもらったからこそ、普段見られない新たな発見がある。

「来てよかった!」。

110911_111428.jpg

そして、BEAT jr.の方は、部活の兼ね合いで8名だけの参加。
今、伸びてほしい経験不足のメンバーもしっかり経験を積まさせてもらったし、
セットオフェンスの練習も兼ねる事もでき、充実した半日となった。

勿論ミスでのターンノーバーが多くあって、イージーシュートも外し過ぎていて
相変わらず課題は山盛りだが、良い練習になったのは間違いない。


中学校の部活動、いろんな先生がいるから全てのメンバーの学校にこのような事が
出来るとは限らない。
でもやっていることは同じ「バスケットボール」。
だからこそクラブチームと部活動が「垣根を越えて」切磋琢磨出来たら子供達にとっては
非常に幸せなことだと思う。

またここで、そして次は違うメンバーの中学校とも交流が出来たらいいなぁ。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground