FC2ブログ
2011-09-03

クーガーズカップ 交流会

台風直撃?じゃないけど、大型の台風接近で暴風警報続発の我が地区。
その悪天候の中、本日は高校主催の「クーガーズカップ」初日だった。
大会が始まって既に10回目とのことですが、昨年に続き今年も声を掛けて頂いた。

「有難うございます」。

しかし、今日は残念ながらその台風で初日の予選は中止。

それでも本日は有志で集まったチーム(6チーム)で交流戦が行われた。

思えば1年前、1年生5人で出場したこの大会。
本来なら3年生中心の大会だが、それでも快く声を掛けてもらった。
昨年より少しでも成長している姿を見せたく、今回も気合いを入れて参加してみた。

110903_150741.jpg

さて、今日の交流戦は4試合のハーフゲーム。
初戦、相変わらず動きが鈍い・・・。
本当に立ち上がりが悪い連中である。

とにかく動けない、走らない、何もしない、出来ない。
既に技術とかの問題ではない!
じゃアップ不足?
そんなレベルでもすませれない「ないないずくし」の動きの悪さ!
初戦終了後はもう怒るしかない状態だった・・・。

ちょっとした「意識の問題だけ」だって!

一喝後の2試合目以降、やっと気持ちが引き締まってきたのか、ようやく動きに
メリハリが出てきた。
試合を重ねる度に動きが良くなってくる。

110903_160303.jpg

やっぱ「動けんじゃん!」。
敵は相手じゃなく、自分だって!

まだまだ言わなければ出来ない面々、未熟な奴らである。

そして、今日は交流戦ということもあり、全員参加。
普段の練習時に行う紅白戦ではなく、いつもと違う相手がいて試合ができる。
こうゆう場で是非とも「経験」を積んでもらいたい。
その繰り返しできっとその経験が生きる時も出てくるだろう。

にしても、良い練習ができた。


その交流戦後は指導者と主催する高校の先生方及び父母の方々との懇親会。
ミニの時もそうだったが、このような場が情報交換の場であり、横の繋がりを
作っていく場でもある。

だから大事にしていきたい。

最後にこの大会を主催する先生からも嬉しい言葉をもらえた。
「試合中で何をしようとしているのかが分かったチームの1つ」と言って頂けた。

いろんなチームの方々が見ている。
決して見られているから一生懸命やるのではなく、今は自分達がやってきた
練習に誇りを持ちそれを表現する事が大切である。

そう、「プライドを持って」やるべきである。

さぁ、明日に繋がるかな?

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground