FC2ブログ
2011-08-16

やはりディフェンス

お盆休みも明けたが、BEAT jr.は早々に練習。
自分は8日連続のバスケ・・・。
そろそろ「疲れ」が溜まってきたわ。

それでもメンバーは普通な顔をしている。
流石、中学生。

さて、今日も普段の練習からスタート。
・シューティング
・3-2
・5-5

最近の5-5の練習でよく指摘している部分がある。
それは、「ディフェンス」。
特に1線から3線のディフェンスの役割においてだ。

例えば1線。
本来、デレィクションをし、常にウィークサイドへ追い込んでいくというパターンが
多いと思うが、うちは、バックコート、センターライン付近、3ポイントの内外など
ポジションによってディフェンスの仕方を変えている。
それはその場所によって攻撃的ディフェンスをする為。

2線は駆け引きとケア。
カバーするのか、チェック・バックなのか、或いはトラップなのかスチールするのかという
大きなギャンブルをせず、駆け引きをする。
また、3線のカバー時にしっかりゴール下をケアすること。

3線はカバーとリバウンド。
シェルの時のカバー、逆サイドのカットとリバウンドと言ったところだ。

要は「引いて」或いは「待って」守らないということ。

常に攻撃的なディフェンスで戦う。
これもBEAT jr.のバスケスタイルの1つ。

春先からオフェンス練習を中心にやってきたが、いくつか交流戦を繰り返していると
やはりディフェンスの重要性がよくわかる。

今後も細かく練習で詰めていきたいと思う。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground