FC2ブログ
2011-07-12

個人スキルUP??

夏になると部活の時間も長くなるらしい。

BEAT jrは各自部活を終えて皆が集まりだすのが7時を過ぎてから。
以前は7時30分位にはほとんどのメンバーが揃うので、そこから全員でストレッチを始め
練習を始めていた。

しかし、それではあまりにも時間が勿体ないということで、現在は体育館に入ったら
各自で準備、ストレッチを行い、一人からでも練習を始めるように変えた。

今日は、いつものように練習に参加したメンバーの体育館に入ってから練習に移るまでの
時間を密かに計ってやった。

バシューを履いて、ストレッチが終わるまでおよそ「20分!」

「バカヤロ~!、どんだけかかってるんだ!」
「何しにきてんだ?」

と、一喝して練習開始。

・シューティング
・1-1速効
・2-2ハリーバック
・5-5ハーフ

そして、今日は久しぶりにシューティング練習から入ってみた。
というのもある記事を目にしたからでもある。

それは、
「日本の指導現場においては、チーム・プレー/戦術に関する練習ばかりが多く、
 個人技能、とりわけシュート・スキルに関する練習が少ないのが特徴であると
 海外の指導者は一様に感じる」。

ミニバスを見ていた時は、時間もあって、ほとんど欠かさずシューティング練習はして
いたつもりだが、上記事は、現在の自分にもあてはまっているかも?

これまでBEATの練習の一環で複数のシューティングメニューがあって、それを
これまで幾度とやってきた。
ただ、うちのシューティング練習は40分程を要し、1日の練習時間の半分以上を占める。
だからある程度出来るようになってからは、次のメニューに移りあとは部活内で
やってもらうのと、自己練習で補っていく形になっていた。

しかし、実際メンバーに聞いてみると、ほとんどの部活でシューティング練習はしないと聞く。

やはりシューティング練習が足らないのか?
「イージーシュート」も入らないのはこう言ったことなのか?

とは言ってもその他にもいろんな練習がしたい。

ほんと難しい話である。

取り急ぎ、臨時練習日と称して、土曜日の夜に練習場所を確保してもらっている。
その日は完全にシューティング練習日とするのだが、それで足りるとは到底思えない。

これは、我々が今後考えていかなくてはならない課題でもある。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground