FC2ブログ
2011-06-15

適応

現在BEAT jr.の練習は週3回。
週末とかに試合が入ると練習は無くなる為、事実上練習は週2回となる時が多い。
さらにその2回の平日練習は部活の兼ね合いで、1日に2時間弱と非常に短い。

その貴重な時間をどう使うかが今の課題の1つでもある。

ミニバスを指導していた頃は週3~4回の練習があり、一日2時間半はしっかり練習ができた。
おもっきり練習がしたい時だって、親御さんに無理いって、よく日曜日の昼1時から夜の9時まで
「臨時練習」と称して、みっちりやってたほどだ。
それだけ時間があるといろんな練習が出来る。
だからミニの時は体力作りの一貫でランニングに30分掛け、フットワーク、ファンダメンタルにも
十分に時間を掛けていた。

しかし現在はそうではない。
いやっ、毎回そこまでの時間は掛けれないのが現実である。
その為、練習は年間を通して練習メニューを作らなければいけなくなってくる。

現在のBEAT jr.は、年末のジュニア選手権を区切りに、1月~3月は基礎、ディフェンス練習、
4月、5月はシューティング及びオフェンス中心の練習、6月からはオールコート中心の練習、
そして9月からはコンビネーションプレイ、フォーメンション等の形作り、
10月中旬から試合形式の練習と大まかにはこんな感じで取り組む予定である。

勿論、途中で個人練習や今後の新入部員次第では、練習メニューもメンバーによって分けて
やっていく予定である。

ただ、そうはいっても自分のスタイル(走るバスケ)は変えたくない。
ランニング練習は出来なくてもオールコートでトランジション練習を中心に
早い展開からのバスケはしっかりやりたいし、実際その練習も多く取り入れている。

また、先だってから初めて取り入れたのはゲーム形式の練習だ。
ミニの時代からでも、多くの分解練習はやっても、5-5のオールコートゲーム形式の練習は
てんでやらなかった自分。
その理由は試合数が多かったからでもある。
年間150試合近くやっていたミニバスはもはや試合が実践練習でもあった。

しかし、現在はそうそう試合がこなせる環境でもない。
現在、分解練習はやっても、その練習が試合で生かせれない状況が続いていた。
やはりそれは最後の調整不足という話であろう。
その為に、最後の調整としてゲーム形式の練習を取り入れ始めたのである。
ただそのゲーム形式の練習では一切得点はつけない、要所要所で笛を鳴らし動きを止め、
良くない箇所は即座に指摘していく。
そう、あくまでも練習。
だから、ゲーム形式だからっていって決して面白いというわけでもない(笑)

昨年から全ての面を少しずつ変えていっている。
その変化の良し悪しは正直手探り状態だが、指導も失敗を恐れたら上手くいかない。

いろんな指導者のアドバイスを貰いながら勉強していくしかないな。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground