FC2ブログ
2011-05-29

~ ご縁 ~

今日は市内の中学校で練習試合があるとの事で、馴染みの先生から
お誘いを受け、二つ返事で快諾。

テスト週間後半、なんとかメンバーも揃い、普段の練習の成果と確認を
踏まえ会場へ。

台風接近ということもあり、ものすごい雨で多少コート上の湿り気も
感じながらも2Q、3試合を組んでもらい、またひとつ経験を積む。

いつもエンジンのかかりが鈍い初戦となる1試合目に、意外にも1戦の
ディフェンスの動きが冴え、ドライブからのコンビネーションも意識的に
生まれ、シュートも比較的多く決まり、内容としてはまぁまぁのでき。

そして2つ目、3つ目と回を重ねるごとにまた、うちのバスケットらしさが
欠けだす…。


意識が維持継続できない“弱さ”とお互いを奮い立たせるある意味
“信頼”が足りないんだろうか…。


仲間がミスをすれば労い、シュートを決めれば称える。

意識できていなければ注意をし、意識過剰であれば和ませる。


日常ごくごく自然のことだが、オン・ザ・コートだとそれが全くできなくなり、
声すら全く出なくなる…。

同日、夜練の時にはしまちゃんから、しっかり聞かれてたっけ。

「今日の練習試合で自分の良かったところとダメだったところは?」

皆、一様に考えながらもピンポイントに答えられたのは正直驚いた…。
わかってんだったらなおさらだ…。


中学校同士、部活動での交流にクラブチームの我々を招いてくださった先生方の
お心遣いに感謝し、次回機会がございましたらまた宜しくお願いいたします。

ありがとうございました。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground