FC2ブログ
2011-05-12

- やっぱりまずは意識から -

テスト週間突入!という事で、本日6人でのスタート。
よく話題にも出るが、創設当時には2~3人だったことを考えると今では
いっぱしの練習が可能だ(笑)
バスケットボールができる喜びをかみ締め、ゲームライクなプレイを意識していざ!

しかし、それでも少人数の為、レイチェルにも参加を願い、3人のコーチ達を交え、
「ハリーバック2-2」、「ハリーバック3-3」をオールコートで走る、はしる、ハシル!

意識していないプレイについてはいちいち動きを止めて、プレイバックさせての
意識付けも幾度となく行っていく。

それと例えば、「どうしてここを走らなければダメだと思う?、
ここじゃなぜダメだと思う?」などなど、決してコーチ達からの一方通行指導ではなく、
奴らからの答えを導き、対話して問題解決をしていく。


たまに練習に参加する事は、奴らのゲーム中の“悪い癖”の発見が大いにあり、
コートの外からでは,ちょっと気付かない細かな部分をも炙り出せる為、非常に有効。

例えば、リードパスを必要とするところをそういったパスでは全くなかったり、
また弱かったり…。

いかに練習中に “それ” を感じながら行っていないか!
できない故に考え、そして意識して取り組まないことには、前回の練習の上塗りで
終わってしまい何も進歩
がなくなってしまう。
今日よりも明日、どんどん進化をしていなければ明日はない。


ただ、これからの時期ちょっと油断すると、脱水症状などになり兼ねないので、
水分補給が出来るよう準備が必要だ。

実はそういう自分が水分を忘れ、「ハリーバック2-2」、「ハリーバック3-3」に参加中、
“失速”してしまいろくにしゃべりも出来ない状態に陥ってしまった…。

そのとき、多分(いや、絶対)死にそうな顔をしていたそんな自分に、
有難くも親御さんが気付いて水を分けていただいた…いつも本当にすみません。


そうそう、しまちゃんに帰りがけ、「いつも良い例ではなく、悪い例として挙げられるからいいよね」だって…。

改心します、今日は失礼しました m(_ _)m

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground