FC2ブログ
2011-04-15

断固たる意思

昨年末から体験入団者が毎月のように参加している。
今後も、新年度になり、新1年生達が徐々に参加してくることだろうと思う。

さて、これまで体験にくるパータンでは経験に関係なく、本人のやる気は
非常にある子ばかりだ。
ただ、そういった体験者全員が入団してくるかというとそうではない。

親御さんの承諾が得れないで、結局断念してしまうケースが非常に多い。

ミニバスとかでもそうだが、「習い事」をするしないは、比較的親御さんの意思、
家庭環境にも左右される場合がある。
さらに、ミニバスとかの経験がなく、中学からクラブチームに入ろうとする
親御さんは一歩引いてしまうようだ。

「バスケ=遊び」のような感覚があるらしく、中学になったら遊びより
勉強(塾)でしょ!、或いは、部活だけで十分みたいになっている・・・・。

悲しいかな、けどこれが現状。

ただ、中学生になったならば、半ば大人の仲間入りをした状態。
時には自分の意思を自分の言葉で伝える力も必要。
本当に「やりたい」という強い意思が伝われば、親御さんだって頭ごなしに
否定する事はないだろう。

BEAT jr.でも、よく言っているが、出来る事は自分でやり、好きな事をやりたければ、
そうでない事もしっかりやれと。

まぁ、「当たり前」のことだが、この当たり前の事をするのも意外と難しい。
だからこそ、そんな行動、気持ちを伝えればと言っている。

そんな「断固たる意思」があれば、微力だけど手助けするよ。

BEAT jr.、今そんな強い意志を秘めた子に入ってきてほしいと願っています。


スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground