FC2ブログ
2011-04-10

交流戦

昨日に引き続き本日も練習試合。

以前から仲良くさせてもらっている方が、新たにチームを立ち上げ、
この日の交流会に声を掛けて頂いた。

「ネイ・スミス」
非常にカッコいいチーム名です。
勿論、スタッフもカッコいい人ばかりです(笑)
今回も快く声を掛けて頂き、有難うございました。


さて、この日は、午前中4チーム、午後からは3チームと時間のある限り終日まで
交流戦を繰り返すというものだった。
非常に良い経験ができ、そして大変有りがたかった。
BEAT jr.は9名で参加、そのうち一人は怪我で参加できなかったが、
それでも昨日同様「全員バスケ」で挑んだ。

20110410133.jpg


緒戦、昨日の交流会を反省し、オフェンスでは「合わせ」及び「オフェンス・リバウンドに絡む」、
そして、各自のポジションニングの役割を考えるといったところを重点に置きスタートしたの
だったが、珍しく朝一の試合にしては動きが良い。

ボール回しからのシュートセレクト、中外の攻撃、ペネトロイトからの合わせ、
フィニッシュこそ相変わらず話にならいが、形だけは「何か仕掛けよう」とする意識は見れた。
この時期はまずは「意識」、失敗を恐れずに、今分かっていることを試そうとする
姿勢はgood!

最後こそ疲れが見えたが、それでも次に繋がる動きもできていた。

ただ、課題は沢山ある。
まず、オフェンス、ディフェンスともに、予測がなさすぎる。
特に3線エリア或いは、ウェイークサイドのプレイヤーが休憩している状況が多すぎる。
練習中でもよく言っているのが、

「ボールに遠いところのプレイヤーが一番集中してなければならない」。

現状それによって、合わせを怠ったり、ディフェンスリバウンドを取りにいこう
とすらしない場面もいくつかあった。
まだまだ細かなところの調整は必要である。


しかし、この2日間の交流会は非常充実した日だったな。
試合数で数えたらざっと6試合半。
普段の練習で紅白戦形式の練習をしないうちにとっては、こうゆう交流戦が
ある意味、実践練習である。

今回だって、普段チームから遅れをとっている中学デビューだった奴が
非常に良い動きをして皆を驚かせたり、ベンチの雰囲気だって非常に良い。
微妙ではあるが、徐々に力が付いてきているのがわかる。

現在のうちのチーム目標は「全員がレベルアップ」をすること。
チームも2年目に突入、さらに気合い入れて、皆で頑張っていこう!

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground