FC2ブログ
2011-03-06

有意義な一日

この週末のバスケ三昧。
岐阜金山の地で毎年この時期、気の合う仲間が集まり、さらに「絆」を深める。

しかし、相変わらず楽しかったなぁ。
ははっ、こんな事が(↓)あと何年出来るのだろうか?
良い年した大人が子供に返る一時(笑)

お疲れ様でした♪

201103051.jpg

そして、今回は一段と話しもさせて貰いました。
尊敬するいろんな指導者と馬鹿話から真剣話まで。
自分の中の全てをぶっちゃける事ができ、お陰様でかなり「スッキリ」!

皆さんに元気を与えてもらいました♪

でも、このような場で馬鹿をやっていても、実はいくつも指導のヒントがあり、
毎回勉強させて頂いています。
そして、その何かを持ち帰ってチームに繋げること、かれこれ10年、
ほんと良いお付き合いをさせて頂いてます。

有難うございました。


ところで、今回のミニバスのカップ戦で切に思った事が1つある。
それは、「ブレない指導」。

自分の周りには、いろんなバスケ感を持った指導者がいる。

純粋に楽しいバスケを求めるとこや、勝敗に拘らず全員をバスケを提唱する方、
はたまた勝ちに拘るチームもあれば、バスケを通じて何かを伝えようとする指導者、
まさに十人十色。

そして、子供達はその指導スタイル、チームの方針等を見て、聞いてクラブチームに
入ってくるのだと思う。
当然、そのスタイルに会わなければ、チームを離れる事になっても致し方ないこと。

ただ、自分の周りにいる指導者達はその思いに対して決してブレない方ばかりだ。
だから子供にはもちろん親御さんからも絶対的に任され、信頼されている。

しかし、その指導方針が少しでも違う方向に向かった瞬間にいつしかチーム内で
信頼関係がなくなり、最後には、崩壊してしまう。
目先の事ばかりが気になり、ついついその場しのぎの指導は既に本末転倒である。

そんなところを目の当たりにすると、今一度自分も初心に戻らなければいけない
気がしてきた。

かれこれBEAT jrを立ち上げて1年が経とうとする。
この1年どうだったのかな?
勿論良いところはさらに向上させ、悪いとこは直していくわけだが、
当初の思いとスタイルだけは決してブレないようにしなくてはいけない!

奴らの為にね。
入団してきた奴らには、最初に思いを全て伝えている。
その言葉に嘘がないように!

さぁ、仲間のスタッフと一緒にさらに頑張っていこっと。




スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground