FC2ブログ
2010-11-20

高校生相手に!

行ってきました、高校へ。
迷惑は承知の上だが、声を掛けて頂いたなら2つ返事で参加します!

この高校、前回にも書いたが、この冬のウンターにも出場が決まっている、
県内でも屈指の強豪高校。
話の流れからクリニックになると思いきや、早々に紅白戦をして頂ける事になった。
ジュニア選手権を控える我がチームにとって思いも掛けない練習だ。

それでもこちらは、いつもの中学1年軍団。
ほんと怖いもの知らずの1年チームである・・・。

2010112001.jpg


さて、練習をしてくれる相手は同じ1年生だが、高校の1年生。
既に次元が違う。
でも有難い事に、一切、手も抜かず真剣に相手をしてくれる。

当たり、スピードもちろんフィジカルも全ての部分で大きな差があるのは承知の上だが、
それでも、チームの約束事の動きを心掛け、気持ちの部分で負けないで攻めてみる。
そんな指示を出して送り出した。

結果は当然の結果だが、それでも何とか喰らいついていた。
オールコートからの激しい当たりでも、スムーズにボールを運べる場面もあったし、
時にはNICE PLAYだって見られた、オフェンスもディフェンスもね。

思い返すと、設立して初めてカップ戦に呼んで頂いた最初の試合、
格上相手に何もさせて貰えなかった。
大げさだが、これまでの練習に間違いが無い事が証明された。

ただ、強烈なプレッシャーがあるとどうしても焦ってしまい、
気持ちとプレーに余裕が持てず視野が狭くなる。
今は致し方ないことだが、そういう課題も今後の練習と経験で向上させていかなければならない。


しかし、最初のハーフゲームを終えたら皆は方針状態だったなぁ。
「明日のジョー」のように真っ白になっていたわ(笑)

それだけプレッシャーと緊張感があったわけだ。

実のある試合形式の練習を1試合分相手して頂き、無事終了。
最後は後援会の方から鍋まで振舞ってもらった。

感謝です。

でも、こういったレベルの高いチームと相手して初めてパスの仕方、
ボールの貰い方、シュートのセレクト等の大切さが分かる。
そして次なる大きな課題も見つかる。
大変良い勉強になりました。

有難うございます。
次も是非ともお願い致します。



スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground