FC2ブログ
2010-11-15

思考と行動

最近の練習は練習メニュー毎に奴らに練習の目的、意識する部分を話し合わせて
始めさせている。

その真意は、「自分の言葉に責任を持つ!」という事と、
「自ら考える」意でもある。

自ら言葉にした事は最低限行わなければいけないし、仲間の言葉に対する行動
を指摘する力くらいあっても良い。

話し合いの時間は、当初は1分間だったが、それが30秒になって、今は10秒。
既にやっている練習、やる事はわかっているはず。
パッと口に出して、パッと再開してほしいところだが、今現在はグダグダやっている(笑)

「何を言っているだろうと?」近づいて見ると恥ずかしそうに話あっている。
まだまだ自信がないようだ(笑)

でも、自ら考える力はバスケットボールには必須な事。
やらされているバスケでは当然上手くはならない、いやっ、限界があるだろう。

また、それと同時に会話能力も身に付けるというのも1つの目的でもある。
コミュニケーションも出来なければチームとして成長はない。
だからほんの数秒の時間内で自分の気持ちを的確に仲間に伝える事が必要となってくる。

以前自分が勤めていた会社の朝のミーティングに「1分間スピーチ」なるものが存在した。
普段の日常の出来事を仕事の事柄に繋げて皆の前で発言するものである。

正直難しかった。
時には無理やり繋げて意味不明な会話になったりした事もあった。
しかし、そうゆう事も続けていると知らぬ間に話せるようになってくる。
そして、日常の出来事から仕事の事も考える時も出てきた。

大人だって日々勉強、練習しなければ容易には出来ない。


こうやってバスケットボールを指導している、活動しているだけだけど、
技術以外に沢山の事を学べる。

「やっぱっ、奥が深いわ!」

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground