FC2ブログ
2010-11-09

-意識-

寒いね、ほんと。
そろそろ晩酌もビールから焼酎お湯割りって感じになってきたわ。

そう言えば、ここ最近よくメンバーに言っていること、

「意識」という言葉。

心理学における意識とは、個人によって体験され、気づかれていることをいうらしい。
体験者自身には直接に把握されているが、他者にはその報告を得ない限り直接的には
把握できないものとある。
さらに、意識という用語は多義的で、知っていることの内容を意味することもあり、
また、知ったり気づいたりの過程を意味することもあるという。

その意味を調べると非常に小難しい言葉になっているが、要は、簡単に言うと
「練習した事、教えてもらった事をやれっ!」ということだけの話しだ(笑)

正式の意味を見て分かる通り、練習した事もないこと、分からない事、
或いは出来ない事を意識する事は出来ない。
全て、練習で理解した事を行うだけである。


丁度、前回のカップ戦から取り入れた、試合直前で自分達で話し合いコートに入るよう、
今日の練習から、毎練習メニューの前に皆で話し合った事を「意識」して
練習に入るようにした。

このように、自分で発した言葉で自らを「意識」させるという苦肉の策だったが、
これが意外と面白い。

最初は恥ずかしいそうにやっていた事も、後半になると、普通に意見を出し合っている。
そして、普段あまり聞かない声も聞えたりして新鮮な感じもする。

会話とコミュニケーション、そして自らの言葉に対して自覚を持つという、
これも1つの練習である。

「意識する」というのは、ある意味出来るようで簡単に出来ないもの。
永遠の課題でもある気はする。

それでも今は試行錯誤しながら、少しでもレベルが上がってくれれば良いよ。


ところで、本日の練習後、スタッフのホワイティは即仕事先に戻って行った。
仕事の合間に練習に駆けつけてくれたようだ。

その帰り間際に
「練習に参加すると癒される」と言い残し去っていったが、
その言葉を聞いた俺が癒されたよ。

ありがとっ、ホワイティ♪

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground