FC2ブログ
2010-10-07

10.7 練習

火曜日に引続きテスト週間。
本日も参加メンバー4名。

前回同様アウトサイド、インサイドの個別練習を慣行。
アウトサイドはホワイティに任せ、自分はインサイドを担当した。

1年ばかりのBEAT jr.、インサイドプレイヤ―と言ってもまだ
体が出来ていない小柄な選手しかいない。

ただ、バスケットボールというスポーツはある程度のバランスが必要で
中と外を使い分けた攻撃が出来れば、その分チームオフェンスの
攻撃パターンも増え、結果的にチームのプラスにもなる。

もちろんチームの背丈がなければオールアウトという選択肢もあるが、
それでもチームの1つの柱を作るという意味でもインサイドもしっかり
重視している。

この日は、インサイドのシュートテクニックとして普段練習で出来ない
シュートドリルを行った。

①パワードリブルからのパワーレイアップ
②フラッシュ~ターンアラウンドシュート
③シールからスピンムーブシュート
④ポップアウトからのドライブ
⑤飛び込みリバウンドからのステップイン
⑥飛び込みリバウンドからのベビーフック
その他

インサイドにおける、さまざまなケース、ミスマッチ等を想定して、
あらゆる箇所からシュートまで行けるドリルを行った。

いくら上背があったとしても肝心な引き出しがなければフィニッシュまでいけない。
そうゆう意味で「技」を磨くには個人練習はもってこいの練習である。

今回のように時間を掛けて個人をしっかり見ていると、
普段練習試合等で出来ていない理由が良く分かるから面白い。
だからここぞばかりに、変な癖も幾度も指摘出来る。

本来なら、我々スタッフがいつもこのように見てあげなければいけない。
しかし、チーム練習、基礎練習等で正直そこまで時間と手が回らないのが現状。

そもそも人数が少ないチーム。
テスト週間だけではなく、時にはこのような個人練習も今後はありだね。

だって、こうゆう練習をしている奴等は真剣かつ楽しそう。
もちろん、いつもの練習でもそうだが、それ以上に!?

だからまたやろう!




スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground