FC2ブログ
2010-09-04

COUGARS CUP ①

この週末は県内強豪高校の1つが開催するジュニアの大会に参加しました。

参加チームは愛知を代表する名高いレベルの高いチームばかり12チームが集まった。

本来なら3年生主体の大会。
出来たてホヤホヤの新参チームで、名も売れてなければ、実績もない1年生ばかり、
さらに6名しかいない未熟なチームを快く呼んで頂き誠に有難うございました。

まずは、大会を運営する先生方及び、後援会の皆さま方に熱くお礼申しあげます。

c1.jpg

この大会、2日に亘り開催され、初日は4つのリーグ戦、
2日目には順位戦トーナメント方式で行われた。

さて、初日のBEAT jr.の面々、いつしか緊張な面持ちで試合に挑んだ。
緒戦は、豊田の強豪と、2試合目は春日井地区の顔なじみのチームとの対戦となった。

技術レベル、上背も体格等全て格上の3年生チーム。
2試合共、1Qから力の差を見せつけられてしまう。
それでも2Qからは何とか立ち直り、後半に入り喰らい付く。

所々で良いプレイも出る!追いつけそうな雰囲気もある、しかし
ここぞっという所でミスの連発、ターンオーバー・・・。

2試合とも勝負どころで勝負が出来ずまま、不完全燃焼で終了。

焦ってしまうのか、ゴールも見ずに即ドリブルを付き、
無理なシュートをするばかり、たまにあるイージーシュートさえも
決まらない、決めれない。

声も出ず、ディフェンスさえ忘れてしまう始末。

これじゃ、勝てる試合も勝てない・・・・。

結果は3位リーグ。
当然の結果だ。


でも、分かっていても悔しい!

「1年生にしては良い」
「1年生だからしょうがない」

「1年生にしては・・・・」

現実だが「絶対言われたくない言葉!」。

我々は1年生チームを前面に出して出場はした覚えはない。
相手には失礼だと承知だが、あくまでも対等な気持ちで挑んでいる。

しかし、うちの奴らは、はたしてそんな気持ちを持ってチャンレンジしているのだろうか?

最初から無理だと思っているならば、今後カップ戦等は組まない。
要は、その姿勢を試合で見せてほしい!
示してほしい!

ガムシャラに頑張る、走る、考えようとする!

今、その部分が足らない。
カッコイイプレイなんかいらない、泥臭くたって良い!
今は弱くても見てて気持ち良いチームになってほしい。

それは全て来年以降の為にも。


初日の試合終了後、そんな気持ちを察して頂いたのか、嬉しいサプライズがあった。
ここの高校の監督さんが特別に我がチームだけに個人クリニックをして頂いた。

この監督さん愛知県の国体の監督さんでもある素晴らしい指導者の一人。
口は悪いが(笑)バスケ論がずれていなく、教え方も上手い!
傍で聞いていても楽しくそして、勉強になる。

いろんな人が伝えたいんだよな!
うちの1年生チームに。

注目してくれています、今後を期待してくれています。
そんな幸せな環境を、どうか奴らに感じとってほしい。




スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground