FC2ブログ
2010-09-02

9.2 練習

長い夏休みも終わっていよいよ新学期が始まった。
これからまた忙しい日々になりそうだね。
学校、部活そして、ジュニア活動。

奴らは夏休みの間、しっかり宿題をやってたのかなぁ?
好きな事をする以上、必要最低限の事はしなければいけない。
早々にテストも始まるしね。

そして、テスト期間が始まるとまたメンバーが脅威の数になる。
あわせて辛い時期にもなる。
子供と同様、ちょっとゆうつな時期。

そして、本日の練習

・一人速攻
・1-1速攻
・2メン速攻
・3メン
・インバウンズ3-3
・4-5
・4-4

ところで、中学生になると返事をする事が少なくなるのかなぁ?
うちのチームも例外ではない。

指導者が指示を出しても下を向いていたり、無視だったり、首だけを振ってみたり?
既に会話になっていない。

見てても正直みっともない。

大きな声で「はい」という返事が恥ずかしいのか?
それとも全く聞こえていないのか?
或いは「言われなくても分かっているから」ってふてくされているのか?

もしそうであれば「問題外」である。

分かってもないのに返事するのも困るが、中学生になったなら普通に会話が出来ないとダメ。

それはチーム内のコミュニケーションにも繋がってくると思う。

コート内で喋れないチームは勝てない、動けない!

それを分かっているのかなぁ?

会話が出来なければ我々スタッフも必要なくなるという事。

ホワィティの書き込みじゃないけど、もう一度「声」の重要さを見直してみてほしい。




スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground