FC2ブログ
2010-08-24

8.24 練習

近頃メンバーの集まりも良かったが、今日は少なめ。

ホワィティをフル活用。
ちょっと死んでもらいました(笑)

・一人速攻
・1-1速攻
・2メン速攻
・2-1
・3-2
・3-3
・インバウンズ3-3

試合の中で「ターンノーバ」が多いチームが負けるとよく言われている。

本日の練習でもそこをチェック。

ではどうゆう状況で起こり易いのか?

例えば、レシーバーのボールの取り方が悪かったり、
ディフェンスの位置を確認せずのパスだったり、或いはパスのさばき方、
姿勢が悪かったりとその原因はほんと「ささい」な動作だと思う。

そんな「ささい」な動作もあたり前のようにするチームはやはり強い。

自分もそうだが(汗)、よく試合中にミスをしたら怒るコーチがいる。
でも、そのミスは偶然の出来事ではなく必然な事である。
実は練習で既に出来ていなくて、身についていない証拠。

それを防ぐ自分的結論は、やはり練習中でのそういった動作を
見逃さずチェックを入れて摘み取っていくこと。
それも後ではなくその場で即刻。

悪い動作も本人が悪いと意識していなければ、もはやその動作も
悪くはなくなってしまう恐れがあるからだ。

だから練習中にミスを犯し、「しまった!」、「ヤバイ」と
本人が思っていたら何も言わないようにしている。

要は本人が何が悪いかを「自覚」していればそれは、ミスでなくなる。

バスケでは、「たかが」と思われる動作は無いと思う。
全ての動作をきちっり意識してやっていくことが次に繋がっていく事だろう。

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground