FC2ブログ
2010-07-05

ミニ合同

以前からうちのミニのスタッフと話していた。

「ミニとジュニアで試合形式の練習をしよう」と。

うちのジュニアっていっても3カ月前までは小学生だったヤツらばかり。
瞬発力等の早さの違いはあるかもしれないが、フィジカル的な部分は
ほぼ変わらない、いやっ!、中にはミニレベルの背丈の連中も多くいる(笑)

ある意味ミニにとってうってつけの練習相手になるはず。
ジュニアを作った目的にはこうゆうのも含まれている。

昨日のミニの自由練習日にお互い時間が合い、それが実現したわけです。


さて、試合前は現役、OBとで和気あいあいの雰囲気になっていたが、
BEAT jr.の連中には一切手を抜かないように指示。
グダグダの、なめたプレーだけは小学生に見せてほしくなかったからね。

そして、実践練習で、何が足らなくて、何をしなくてはいけないのかを
ミニの子供達に分かってほしかった。

NBAプレイヤーとかの凄いプレーもあるが、はたしてそのプレーの真似は
出来るのかな?
よっぽど自分に近いプレイヤーの良い部分を見てそこに近づき、
追い越そうとした方が、上達の近道ではないだろうか?

ミニの子供達には、良いプレーを見て、実際に肌で触れて感じる
良いチャンスだったはず。
我がBEAT jr.の連中も普段上級生、大人相手に揉まれているのはここだよ!

結果は・・・・・。

自分は最後までジュニアの連中に指示を出していた。
相手がどうであろうと、自分達のバスケをする事を。
何を目的に、何をしなければいけないのか?
だから最後まで真剣に相手させてもらった。

もちろんハンデもあり!
ボール運びのドリブル禁止、インサイドポストプレー、
ロングシュートも禁止、バックパスも審判タッチも全て適用。
ある意味ジュニアの連中も練習です。

以前、大人のBEATの人達と紅白戦をさせて頂く機会をもらった。
帰り間際、代表が次回は一切力を抜かずコテンパンにやらせてもらうと
言って頂いた。

そう、手を抜かずやってもらうほど、嬉しいものはない。
そこには小さな期待大きなプライドがある。

立場こそ違うが、今回もそんな気持ちがあったわけだが、
はたして、ミニの連中は何か掴んだのかな

ガンバレよ!!






スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground